1. HOME
  2. ラボグロウンダイヤモンド
  3. ラボグロウンダイヤモンドがバージンロードを行進する
ラボグロウンダイヤモンド

ラボグロウンダイヤモンドがバージンロードを行進する

ラボグロウンダイヤモンドがバージンロードを行進する

アメリカでは、ラボグロウンダイヤモンドのエンゲージリングの売上が、前年比73%増という驚異的な伸びを示しています。

これは大変なことだが、同時に大きな意義がある。旧来、ラボ・グロウンは「ファッション・アクセサリー」であり、感情的に重要な場面にはふさわしくないと位置づけられてきた。

しかし、消費者は明らかにそう思っていません。ダイヤモンドビジネスはブライダルで成り立っています。もし消費者が、最も象徴的なシーンでラボグロウンに満足するなら、すべてのシーンでグロウンダイヤモンドを購入するでしょう。

その理由は簡単です。消費者は、できれば宇宙から見えるダイヤモンドを欲しがっているのです。しかし、この10〜20年の間に、貴金属、小売店の賃料、熟練した労働力のすべてが上昇しました。このようなコスト増を補い、主要な価格帯を維持するために、ジュエラーはますます小さなダイヤモンドを使うようになった。しかし、その結果、ダイヤモンドはあまりに小さくなってしまった。

しかし、ラボグロウンダイヤモンドのおかげで、消費者は同じ金額で3倍ものダイヤモンドを手に入れることができるようになった。だからカリアでは、ブライダルのオーダーは1.75〜3.0カラット、カラー、クラリティ、メークのものが多いですね。

かつては信託資金を持つか、大成功したベンチャー企業だけが手にできたスペックです。しかし、今では一般人でも、ずっと憧れていた大きくて美しいダイヤモンドを手に入れることができるのです。