lgdiamonds

ラボグロウンダイヤモンド

Ms. Martianの地球暮らし 最近気になるラボグロウンダイヤモンド

最近気になるラボグロウンダイヤモンド 2021.05.25 近年ちらほらと耳にするようになったラボグロウンダイヤモンド。 一体どんなもんなのよ?と気になって情報収集をしていたところに、今月頭、 タイムリーなニュースが。 「世界最大規模のジュエリーメーカーであるパンドラ社、採掘されたダイヤモンドの 取り扱いを止めると発表」 この記事によると、扱うジュエリーのダイヤモンドは天然からラボグロウンに変えて いくとのこと。理由はパンドラのジュエリーをもっと安く、手に入りやすく、そして サステイナブルにしていくためなのですって。 ラボグロウンダイヤモンドとは ラボグロウンダイヤモンドとは、英語で言うとLab(Laboratory)-Grown Diamonds. “研究所で育った”、つまり、人工的に作った合成ダイヤモンドのことです。 まぁ、Labは研究所のことだけれど、実際のところ工場で作られたダイヤモンドと 言った方がニュアンスは近いかと思います。 天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドの違い ラボグロウンダイヤモンドは人工とは言うものの、成分は天然のダイヤモンドと全く同じで、 いずれも科学組成は炭素です。科学的(屈折率など)な特性ももちろん同じ。 宝石屋の友人に聞いたところ、天然とラボの肉眼での見分けはほぼ不可能とのこと。 天然ダイヤモンドとの最大の違いは作られる環境。天然ダイヤモンドが気の遠くなる ような長ぁい年月をかけ、地中で育ったものである一方、ラボグロウンダイヤモンドは 文字通りラボで数週間で出来上がるものです。 ラボグロウンダイヤモンドのメリット 安さ まずラボグロウンの最大の価値は、手の届きやすさにあると思います。天然に比べて とても安い。 例えばデビアス傘下のライトボックス(https://lightboxjewelry.com)では、 $800/カラット($1=¥100計算で、8万円)と、驚きのお値段設定。気になるグレードは Color: Near colorless Clarity: VS Cut: Very Good の品揃え。ダイヤモンドは顕微鏡や鑑定書を貼り付けて身に着けるものではありません。 何をどこまで求めるかにもよりますが、パッと見肉眼で分からないのであれば、 これは大変お買い得と思ってしまいます。 エシカルジュエリー、かつサステイナブルジュエリー カタカナ言葉を並べてしまいましたが、ラボグロウンダイヤモンドはエシカル(倫理的 に正しい)ジュエリー、かつサステイナブル(環境にやさしい)ジュエリーです。 紛争ダイヤモンドという言葉をご存知でしょうか。ダイヤモンドは高値で取り引きされる ため、内戦中の国がダイヤモンドの売上金を武器購入に充ててしまい、紛争を長引かせる 要因となっていることがあるそうです。自分の支払ったお金で武器が購入され、紛争を 長引かせているとすれば、戦争に加担しているのと同じこと。その点ラボグロウンで あれば出どころがラボなので、安心して購入することができます。 また天然ダイヤモンドの採掘作業自体が、自然環境に負荷を与えているとも考えられます。 平たく言えば、実際に地球に穴を開けているわけですからね。この点もラボグロウンは ラボで作られるため、環境にやさしいという点で評価されるそうです。 天然ダイヤモンドと変わらぬ輝き ジルコニアやモアサナイトなどの成分からして違う人工物と違い、天然とラボグロウンの 見た目は肉眼ではわからないほどの美しさです。 ラボグロウンダイヤモンドのデメリット...

14

ラボグロウンダイヤモンド

Lab-Grown Diamond by DIAMOND FOUNDRY

PriorityDiamond 2021年5月14日 Lab-Grown Diamond by DIAMOND FOUNDRY PRIORITY DIAMONDで使用する0.30ct以上のホワイトダイヤモンドは、アメリカ西海岸のDIAMOND FOUNDRY社の美しいラボグロウンダイヤモンドを使用しています。 DIAMOND FOUNDRYの工場はアメリカの太平洋西部の美しい場所に位置しています。 工場は半導体チップの工場のようにクリーンで、人の安全にも環境にも最大限配慮されています。 このラボラトリーでは、ワシントン州コロンビア川によるエネルギーを100%利用しています。 大規模な地下採掘を行わないダイヤモンドには、いくつもの利点があります。その為に移設された土地はありません。その為に犠牲になった自然環境はありません。野生動物に害を与えることはありません。 地下水へ影響を与えません。そして、地域社会に一切影響を与えません。 DIAMOND FOUNDRYは、世界で唯一のゼロカーボンフットプリント(温室効果ガスを排出しない)ダイヤモンドの生産者で、その認定を受けています。DIAMOND FOUNDRYのダイヤモンド生産エネルギーは100%水力発電であり、汚染廃棄物を排出しません。 DIAMOND FOUNDRYの先進技術は、鉱山でダイヤモンドを採掘するよりも少ないエネルギーでダイヤモンドを成長させ生産することを可能にします。そして、そのエネルギーは、環境に配慮された再生可能エネルギーを採用しています。 世界で多くの人々を魅了し続けるこのDIAMOND FOUNDRYは、ハリウッドスターのレオナルド・ディカプリオ氏が出資をしており、エマ・ワトソンやガル・ガドットなど多くのセレブ達が着用していることでも知られています。 『私はDIAMOND FOUNDRYに出資できることを誇りに思っています。 アメリカでは、人や環境を犠牲にする事なくダイヤモンドを成長させています。』 レオナルド・ディカプリオ ラボグロウンダイヤモンドは地上の施設で成長した本物のダイヤモンドです。 天然ダイヤモンドと全く同じ物質(元素、結晶構造、硬さ、輝き)で、地球環境に優しく、不純物が少なく、そしてリーズナブルな価格です。  

121

ラボグロウンダイヤモンド

ジュエリーメーカー大手、今後は合成ダイヤのみの取り扱いへ

ジュエリーメーカー大手、今後は合成ダイヤのみの取り扱いへ 2021.05.11 12:00 Whitney Kimball – Gizmodo US[原文]( たもり ) 天然ダイヤモンドとはお別れ。 一口にダイヤモンドと言っても、採掘された天然ダイヤモンド、そして化学組成が同じでも紛争の資金源にはならないラボグロウン・ダイヤモンド(人工ダイヤ)といった種類があります。チャームブレスレットで知られている世界最大級のジュエリーブランドPandora(パンドラ)は先日、今後はラボグロウン・ダイヤモンドのみを販売、またそれらを「手の届くサスティナブルに作られた製品」として売り出すと発表しました。 ラボグロウン・ダイヤモンドが「エコフレンドリー」だという主張は未だに疑わしいものの、ダイヤモンド採掘業界が生き残るための言い訳には必死さが窺えます。天然ダイヤモンドを採掘する企業の団体National Diamond Council(NDC)は、トレンドブログのようなものを運営していて、その投稿で同団体が提供する「ダイヤモンド」は、「地球から」採れた「天然ダイヤモンド」にしか当てはまらない単語だと綴っています。この宝石はおよそ10~30億年前、地中100マイル下で炭素にとてつもない高温・高圧が加わって形成され、マグマの噴出によって地表近くまで運ばれてきました。そんな天然ダイヤモンドを収集する人もいれば、「人工」や「工場」、「工業用」や模造品といった単語と結びつく小さなコスチュームジュエリーを手に入れる人もいます。 言及されていませんでしたが、“本物“のダイヤモンドは冷酷にも武器取引や終わることのない流血惨事とつながっています。一方、ラボグロウン・ダイヤモンドは構造的には天然ものと同じで、コンサルティング会社Bain & Company(ベイン・アンド・カンパニー)の年次報告書によれば、その価格は“本物“のダイヤモンドの10分の1です。それにラボグロウン・ダイヤモンドは、ビッグバンと地球の生命がおよそ35億年の進化を経たからこそ可能になった人類の偉業でもあります。 現にNDCに属しているDe Beers(デビアス)社は、既にラボグロウン・ダイヤモンド製造の誘惑に屈しています。 ラボグロウン・ダイヤモンドの販売者と“本物“のダイヤモンド採掘業者の両方が、自身のダイヤの方が「エコフレンドリー」だと主張してきましたが、どちらもまだ証明するには至っていません。大企業の炭素排出量と環境への影響を分析する会社Trucostが実施した調査では、天然ダイヤモンドの二酸化炭素排出量はラボグロウン・ダイヤモンドの3分の1(1カラット当たりのCO2量はそれぞれ160kgと511kg)だとされていました。しかし、これには但し書きが必要。研究自体がダイヤモンド生産者協会(DPA)、現Natural Diamond Councilのために行われたものだからです。Trucost社のアナリストRick LordさんはVogueに対して、「鉱山の閉鎖、ダイヤモンドのカッティングと研磨、小売りとダイヤモンドのライフサイクルにおける中古フェーズ」の多大なコストは計算に入れてないと述べていました。デラウェア大学でエネルギーと環境を教えるSaleem Ali教授は、その結論が「良識を無視したものだ」と発言しています。 一方、この調査はラボグロウン・ダイヤモンドの二酸化炭素排出量に関して公的に入手可能なデータだけを用いていて、「ラボグロウン・ダイヤモンド製造の温室効果ガスと環境への広い影響に関する情報公開は不十分」だと綴っています。2019年には、ラボグロウン・ダイヤモンドが「エコフレンドリー」、「エココンシャス」や「サスティナブル」であるというまだ立証されていない主張をしているジュエラー8社に対して連邦取引委員会が警告書を出すということがありました。 パンドラは、来年には同社のダイヤモンドの製造を100%再生可能エネルギーで賄うようにするとも発表しています。 同ブランドのラボグロウン・ダイヤモンド製品はまずは英国で販売されて、2022年にグローバルで展開される予定。物議を醸しそうです。 Source: NY Times(1, 2), Pandora, National Diamond Council, Global Witness, CNBC, Bain & Company, Trucost, Vogue Business, FTC,  

28

ラボグロウンダイヤモンド

ミレニアル世代は、ラボ・ダイヤモンドは本物と同じように輝くと言う。

Andrea Felsted ミレニアル世代は、ラボ・ダイヤモンドは本物と同じように輝くと言う。 パンドラは、ダイヤモンドの大衆化を目指している。ティファニーからカルティエまでの高級ジュエラーは注目すべきです。 本物でなければならないのか? Photographer: Peter Macdiarmid/Getty Images Europe By Andrea Felsted 2021年5月7日 14:00 JST ダイヤモンドは(まだ)永遠だ。 世界で最も多くのジュエリーを製造しているPandora ASは今週、採掘されたダイヤモンドを使用せず、代わりに実験室で成長させた石に切り替えると発表した。中国からアメリカまで、若い買い物客に愛される手頃な価格のチャームで知られるパンドラは、この種の線香花火の先鋒を務める理想的な候補である。 インスタグラムのリッチキッズ 2025年には、44歳以下の消費者がラグジュアリー市場の3分の2を占めると予想される ラグジュアリー業界では、天然石から金属、皮革に至るまで、原材料の生産が最大の環境負荷となります。一般的にラボグロウンダイヤモンドは、より環境に優しいと認識されています。しかし、その実態は複雑です。ダイヤモンドの製造は、地中からダイヤモンドを採取するよりも天然資源の使用量は少ないかもしれませんが、それでも相当量のエネルギーを必要とするのです。 素材の世界 ラグジュアリー業界が地球に与えるコストの大半は、革、金属、石などのアイテムの調達に起因しています。 ブリリアンスと呼ばれるパンドラのコレクションは、確かに環境への配慮を打ち出している。リサイクルされた金や銀の使用を増やすだけでなく、来年は再生可能エネルギーから作られた石を使用する予定です。これにより、製造工程で排出される温室効果ガスが、低炭素型のダイヤモンド鉱山の10分の1以下になるという。ブリリアンス・ジュエリーの製造過程で発生する二酸化炭素は1個あたり400グラムで、カフェ・ラテ1杯分よりも少ないという。 ラボグロウンダイヤモンドは確かに安価で、パンデミック時の消費者にアピールしている。ダイヤモンド業界のアナリストであるEdahn Golanによると、米国では、2020年の最終四半期にジュエリーの販売額に占める割合は3.1%でした。2019年最終四半期の2%から上昇した。 この増加の原動力のひとつはイヤリングである。女性は、ズームコールで見える装飾品にお金をかける用意があったのです。そして、これらは感情的な象徴をほとんど伴わないため、つまり婚約指輪ではないため、より安価な石を購入するケースが強くなっています。ゴランによると、2020年最終四半期の米国における合成ダイヤモンドのイヤリングの売上は、前年比126%増となった。天然ダイヤモンドのイヤリングの売上は、ほぼ横ばいだった。 より多くの価値ある輝きを 合成ダイヤモンドの小売価格が低下している 顧客のためにダイヤモンドを民主化したいと考える手頃な価格のブランドとして、パンドラの動きは抜け目ないものである。パンドラの顧客の44%は18歳から34歳である。 しかし、お金を節約することは、製品がステータスを示す最高級ラグジュアリーには禁忌である。大きな線香花火を見せびらかしたところで、本物より安いから2カラットも3カラットも持っているのだとしたら、同じようなおいしい思いはできないかもしれない。 Saying I Don’t 合成ダイヤモンドは、天然石と同じ感動を生み出すのに苦労している 金額で世界最大のダイヤモンド生産者であるデビアスグループは、2018年に低価格でファッション性の高い作品に焦点を当てたラボグロウンダイヤモンドのライトボックスジュエリーを立ち上げたものの、カルティエを所有するシー・フィナンシエール リシュモン SAやティファニーを所有するLVMH モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン SEといった他の大手高級品グループは、これに続いていないのが現状です。 価値の貯蔵 人工ダイヤモンドの価格が下落する一方で、天然石はその価値を保っている 製品が高価であることは、高級品購入者にとって心強いことであり、エルメス、ルイ・ヴィトン、ロレックスなど、品質や伝統を連想させるビッグネーム・ブランドに、パンデミック時に群がる。このことは、天然ダイヤモンドの価格が、ラボグロウン石の供給増に対応して下落していないことの説明にもなるであろう。ダイヤモンド業界のアナリストであるポール・ジムニスキーによると、今年、天然ダイヤモンドが1億1940万カラットであるのに対し、合成宝石品質のダイヤモンドは約560万カラット生産される見込みであるとのことだ。 小さな輝き 天然ダイヤモンドは、ジュエリー品質の合成石をいまだに凌駕している しかし、より持続可能な社会を目指す圧力は高まるばかりです。若い人たちがダイヤモンドを買い続けるために、業界は環境と社会への取り組みを強化する必要があります。 そのひとつが、調達に関するコミュニケーションの改善です。より多くの顧客が、自分のダイヤモンドがどこから来て、誰の手に渡ったかを正確に知りたがっています。デビアスが主導するTracrは、ブロックチェーン技術を使って、鉱山から店舗、最終消費者までのダイヤモンドの動きを追跡するもので、業界ではさまざまな取り組みが始まっています。 2019年、ティファニーは0.18カラット以上の個別登録石の原産国または地域の開示を開始しました。昨年10月には、全行程の詳細を追加した。そしてつい先週、LVMH、リシュモン、グッチのオーナーであるケリングSAが、カラーストーンのトレーサビリティを向上させるシステムを支援した。 天然ダイヤモンドの輝きは、今も巨匠たちの手に委ねられているが、人工宝石との競争が激化している今、その美しさをじっくりと鑑賞している暇はないのだ。   This column does not necessarily...

6

ラボグロウンダイヤモンド

Diamond Shapes – Pear Shape💎

PriorityDiamond 2021年5月7日 Diamond Shapes – Pear Shape Pear(ペア)とは洋梨のことで、ペアシェイプは洋梨型のダイヤモンド、という意味です。 ティアドロップ(涙型)などとも呼ばれ、女性らしくエレガントな見た目で世界的に人気の高いシェイプの一つです。 柔らかい丸みを帯びた半分と、凛とした美しさを持つシャープな半分側のコントラストとバランスが絶妙で、身につけるとエレガントな雰囲気がより引き立ちます。 ペアシェイプは細長いタイプのものから丸みが強いものまで様々なものがありますが、縦横のバランスが良いもの、左右の対称性がしっかりしたもの、ラウンド部分が綺麗なカーブを描いていることが大切です。 PRIORITY DIAMONDでは、美しいペアシェイプだけを取り揃えてラインナップしています✨ ペアシェイプはペンダントやピアスなど、ぶら下げるようなジュエリーにするとバランスが良く、フェミニンな雰囲気で、体の動きに合わせて揺れて光る眩い輝きを楽しむことができます。 リングにセッティングする場合も、どちら側を上にするかで雰囲気が変わるので、気分によって向きを変えて楽しむことも可能ですよ💍 (V字などのアームではない場合) かつて、エリザベス・テイラーの誕生日にリチャード・バートンがプレゼントした有名な「テイラー・バートン・ダイヤモンド(69.42ct)」も、ペアシェイプの美しいダイヤモンドでした。 昔も今も不動の人気を誇る、美しいシェイプのダイヤモンドです。 PRIORITY DIAMONDでは、様々なシェイプのダイヤモンドをルースから自由に選んでご購入いただけます。 シェイプ選びの楽しさも、PRIORITY DIAMONDは大切にしています。 PRIORITY DIAMONDで使用するダイヤモンドは、アメリカ・DIAMOND FOUNDRYで成長した美しいラボグロウンダイヤモンドです。 レオナルド・ディカプリオが投資したDIAMOND FOUNDRYはハリウッドセレブを中心にエシカルなダイヤモンドとして人気を集めており、エマ・ワトソンやガル・ガドットなどが着用していることでも知られています。 ラボグロウンダイヤモンドは地上の施設で成長した本物のダイヤモンドです。 天然ダイヤモンドと全く同じ物質(元素、結晶構造、硬さ、輝き)で、地球環境に優しく、不純物が少なく、そしてリーズナブルな価格です。  

22

ラボグロウンダイヤモンド

ジュエラーPANDORA、採掘されたダイヤモンドに反対する倫理的な立場を表明

ジュエラーPANDORA、採掘されたダイヤモンドに反対する倫理的な立場を表明 ・パンドラ、持続可能性と価格を理由に人工石に転換 ・採掘されたダイヤモンドは、若いバイヤーの間で魅力を失う危険性がある Pandora jewelry with lab-made diamonds.Source: Pandora A/S ByChristian Wienberg 2021年5月4日 14:45 JSTUpdated on2021年5月4日 19:22 JST 世界で最も多くのジュエリーを製造しているPandora A/Sは、今後採掘されたダイヤモンドを使用せず、倫理的な懸念にさらされる原材料をまた一つ減らすことになる。 昨年、新たに採掘される金と銀の使用を中止すると発表した同社は、今後は研究所で製造されたダイヤモンドを使用する。昨年、パンドラは約8,500万個の商品のうち、採掘されたダイヤモンドは約5万個に過ぎなかったが、この動きは持続可能性に対する要求の高まりを反映している コペンハーゲンに本社を置くパンドラは火曜日、人工石を使用した初のコレクションを英国で発表し、2022年には他の市場にも進出すると発表した。 「特にミレニアル世代は、ラボで作られたダイヤモンドが何であるかの認識が、上の世代よりもかなり高いので、教育の問題でもあります」と、パンドラのCEO、Alexander Lacik氏は電話インタビューで語った。”彼らは、サステナビリティの側面により関心を寄せています。” 数十年にわたる改革にもかかわらず、宝石市場は、鉱山や工場における人権侵害の報告に悩まされ続けています。ティファニーでは、このような懸念に対応するため、昨年から、新たに調達したダイヤモンドの詳細を顧客に提供し、その石が鉱山に至るまでどのような経路をたどってきたかを個別に登録する取り組みを始めている。近年、ラボグロウンダイヤモンドの小売業者やメーカーが急増しており、採掘されたダイヤモンドよりも手頃な価格で、持続可能なダイヤモンドを提供している。 アントワープ・ワールド・ダイヤモンド・センターとベイン・アンド・カンパニーによる調査報告書によると、ロックダウン、旅行制限、経済の不確実性により、2020年の世界のダイヤモンド販売は15%減少しました。2020年のダイヤモンド原石の生産量は20%減少し、価格は11%下落した。 ダイヤモンドの販売–そして価格–は今年に入って回復し、デビアスは2018年以来最多となる16億ドル以上のダイヤモンド原石を販売した。世界最大のダイヤモンド企業であるデビアスによると、若い人々は採掘された石に忠実であり続け、世界の需要の約3分の2を占めているという。 Read:数十億円の備蓄ダイヤモンド、需要回復の後、売却される パンドラの実験室で作られたダイヤモンドは、平均60%以上の再生可能エネルギーを使って炭素から育てられており、その比率は来年には100%になる予定だそうです。 成長する宝飾分野 パンドラは昨年、新たに採掘される金と銀に依存しないジュエリーを製造すると宣言した。これは、4年以内に事業をカーボンニュートラルにする計画の一環として、2025年までに全生産工程でリサイクル貴金属のみを使用することを意味している。 ベインのレポートによると、ラボラトリーストーンの市場は2桁の成長を遂げており、特に若い顧客は持続可能な生産者を探すことに熱心である。また、消費者と投資家にとって、持続可能性、透明性、社会福祉は「優先的な課題」であることもわかりました。 サステナビリティを重視するようになったのは、顧客だけではありません。ノルデアの資産運用部門は最近、環境、社会、ガバナンスの基準を満たした証券のみを全ポートフォリオで保有する予定であると発表しました。 パンドラ社は、この決断の背景として、価格も重視している。ラボで作られた石の価格は採掘されたものの約3分の1であり、この切り替えによって、より多くの消費者がダイヤモンドジュエリーにアクセスできるようになる、と同社は述べている。 「Lacik氏は、「我々は、この提案が既存の顧客層に受け入れられるかどうかを確認するために、世界中で多くの調査を行った。「ダイヤモンドを身近なものにすることで、お客様には大変喜んでいただいています。 ラボで作られたダイヤモンドは、採掘された石と同じ物理的特性を持つことになるとパンドラは述べている。新しいコレクションには、リング、バングル、ネックレス、イヤリングが含まれるという。 パンドラが持続可能な生産方式を重視するようになったのは、同社の市場価値が大幅に上昇したのと時を同じくしている。昨年だけでも、同社の株主の投資価値は3倍以上になっている。そして今週、パンドラは予想を上回る売上高の伸びを反映し、利益ガイダンスを引き上げた。 デンマーク企業の株価は7%も急騰し、コペンハーゲンの午後12時3分現在、5.6%高で取引されている。 — With assistance by Kim Bhasin, and Thomas Biesheuvel (Adds CEO comments starting in fourth paragraph.)

9

ラボグロウンダイヤモンド

合成ダイヤモンド?宝石の代わりになるものだが、ナチュラルにはかなわない。

Maria Elena Bonacini·Economia·30 Aprile 2021 合成ダイヤモンド?宝石の代わりになるものだが、ナチュラルにはかなわない。 Preziosa Magazineの調査では、ラボグロウンダイヤモンドが市場でどのような位置を占め始めているかが示されています。しかし、高貴な天然石とは何の関係もない。”やんちゃなダイヤモンド “には要注意だ。 “semi di diamante” che diventeranno diamanti coltivati ​​in laboratorio (©Lightbox) 合成ダイヤモンド?ファッショナブルでエシカル、そして安価なジュエリーとしてよく知られ、喜ばれていますが、大切な贈り物には向きません。要するに、自分自身のために購入するビジュの素敵な代替品ですが、あなたがより多くの500ユーロを投資するべきではありません。 プレチオーサ誌が、ニッチな商品でありながら人気上昇中のこの商品に対するイタリアの消費者の反応を分析したところ、極めて両極端な結果が出た。一方、天然ダイヤモンドは、重要な瞬間や希少性、独占性に関連し、手にした人に「特別感」を与えるものと考えられています。一方、人工ダイヤモンドは、ファッショナブルで低価格の衝動買いとされ、採掘された「同類」よりも倫理性やエコロジーに配慮する消費者によって支持されています。 このデータについて、この分野の専門家4名にコメントを求めました。 結果 まず目に飛び込んでくるのは、その知識と購買意欲である。実際、インタビューした人の95.2%がラボラトリーダイヤモンドについてよく知っていると答え、購買を否定する人はわずか40.5%である。まだ決めていない」8.3%を差し引くと、51.2%が新しいダイヤモンドにチャンスを与えていることがわかります。実際、「興味があり、購入を検討するかもしれない」が20.2%、「購入したい」が17.9%、「すでに購入した」が13.1%となっている。 なぜ買ったのか、買うのか?価格が主な理由です。実際、52.4%(複数回答可)が「価格が安いから」、16.7%、9.5%が「倫理的、環境に優しいから」と回答しています。 そして、それを拒絶するのは誰なのか。52.4%が「価値が保てないから」、38.1%が「希少性がないから」、11.9%が「倫理的・持続可能性がないから」と考えています。 しかし、二極化が顕著なのは、異なる特性の帰属についてである。天然ダイヤモンドは、「本物(68.7%)」「大切な贈り物にふさわしい(62.7%)」「ロマンチック(24.1%)」と定義され、受け取った人は「大切だと感じる(27.7%)」と回答しています。一方、ラボラトリーグロウンは本物だと思う人はおらず、ロマンチックだと思う人(3%)、大切な贈り物に適していると思う人(6.1%)、宝石箱を開けるときに特別な感じがすると思う人(4.5%)はほとんどいません。 一方、「モダン(30.3%)」「ファッショナブル(33.3%)」「衝動的な贈り物に適している(30.3%)」と3分の1が表現し、「新しくて倫理的」「環境に優しい」「楽しい」は、いずれも自然界ではごくわずかの割合に過ぎない22.7%と答えています。 この数字は、62.5%が自分自身のために購入し、パートナー(26%)や友人(25%)のために購入する人は4分の1に過ぎず、親族が購入する人は14.1%に過ぎないことと密接に関連しています。そして、「代替案」を評価した上でも。実際、61.3%がジュエリー、10.7%が衣類、9.3%が革製品に代わるものとして購入すると回答しています。3人に1人の回答者(34.7%)が、天然ダイヤモンドの代わりに購入すると回答しています。 しかし、私たち消費者は、合成ダイヤモンドにどれだけのお金をかける覚悟があるのでしょうか?67.1%が500ユーロ以下、17.1%が1,000ユーロまで(全体の85.2%)、8.7%が2,000ユーロまで、7.1%がそれ以上と回答しています。 最後に、宝石商との関係ですが、ラボラトリー・グローブの価値が下がれば、わずか数人(6.3%)がその場を離れると回答しています。        

8

ラボグロウンダイヤモンド

Diamond made in the U.S. 原産地証明付ラボグロウンダイヤモンド💎✨

PriorityDiamond 2021年4月29日 Diamond made in the U.S. 原産地証明付ラボグロウンダイヤモンド DIAMOND FOUNDRYのラボグロウンダイヤモンドには、DIAMOND FOUNDRY社の鑑定書が付属します。 GIAのジェモロジスト(鑑定士)が厳格に個々のダイヤモンドのグレードを検査、記載しています。 また、他とは違うDIAMOND FOUNDRYの鑑定書の特徴は、『アメリカ産の原産地証明』と『カーボンニュートラル認定』があるところです。 ラボグロウンダイヤモンドの産地は世界中様々ですが、原産地証明付のダイヤモンドは非常に希少です。 DIAMOND FOUNDRYはクリーンエネルギーを利用してダイヤモンドを成長させており、温室効果ガスの吸収量と排出量がプラスマイナスゼロである、カーボンニュートラルの認証を受けています。 本当にエシカルでクリーンなダイヤモンドを自信をもってお届けします。 PRIORITY DIAMONDでメインストーンとして使用するダイヤモンドは、アメリカ・DIAMOND FOUNDRYで成長した美しいラボグロウンダイヤモンドです。 レオナルド・ディカプリオが投資したDIAMOND FOUNDRYはハリウッドセレブを中心にエシカルなダイヤモンドとして人気を集めており、エマ・ワトソンやガル・ガドットなどが着用していることでも知られています。 ラボグロウンダイヤモンドは地上の施設で成長した本物のダイヤモンドです。 天然ダイヤモンドと全く同じ物質(元素、結晶構造、硬さ、輝き)で、地球環境に優しく、不純物が少なく、そしてリーズナブルな価格です。  

11

ラボグロウンダイヤモンド

社会的な問題から完全に解放された無垢なダイヤモンド ”ラボグロウンダイヤモンド”

社会的な問題から完全に解放された無垢なダイヤモンド ”ラボグロウンダイヤモンド” by REBIRTH PROJECT|Published 2021-04-15 皆さんは”ラボグロウンダイヤモンド”をご存知でしょうか。 2006年、映画”ブラッド・ダイヤモンド”をきっかけに、天然ダイヤモンドの裏側にある、紛争問題、過酷な労働環境、児童労働、採掘時の環境破壊などが広く問題視されることとなりました。 現在は、労働問題・環境問題に配慮し、天然ダイヤモンドを採掘している鉱山もありますが、そのような鉱山がまだ多くはない状況です。 そんな中、ダイヤモンドジュエリーの新たな選択肢として”ラボグロウンダイヤモンド(合成ダイヤモンド)”が注目を集めています。 ”ラボグロウンダイヤモンド(合成ダイヤモンド)”は天然ダイヤモンドと同じ化学式、光学的特性をもつ、人の手でつくられたダイヤモンドです。 生産プロセスにおける土壌ダメージがなく、多くの天然ダイヤモンドが抱える社会的な問題から完全に解放されているため、エシカル消費の視点においても無垢なダイヤモンドです。 REBIRTH PROJECTではそんな次世代のダイヤモンドに注目し、厳選されたラボグロウンダイヤモンドを用いた本格ジュエリーを展開する「TERRA1012(テラ)」の取り扱いをスタートします! 「TERRA1012(テラ)」は、18金やプラチナといった高品質な素材と職人の技術により、日常の中で長く使い継ぐことができるジュエリーをつくっています。 サスティナブルなダイヤモンドでファッションをより一層お楽しみください!

19

ラボグロウンダイヤモンド

APARTRYで使用するダイヤモンドは全てラボグロウンダイヤモンドを使用しています。

Our Diamond ラボグロウンダイヤモンド   <Lab Grown Diamond> APARTRYで使用するダイヤモンドは全てラボグロウンダイヤモンドを使用しています。 天然のダイヤモンドと全く同じ構成でできたこのダイヤモンドは、地球環境に優しく全ての生き物を傷つけない、美しい未来を担うダイヤモンドです。 不純物を含まないために放つ「ピュアな輝き」と「サスティナブルな背景」に今、世界が注目しています。 現に海外ではレオナルド・ディカプリオやエマ・ワトソンなどの著名人やセレブリティが投資・着用していることで多くの人々に支持されています。 What are lab grown diamonds? ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドが形成される環境と全く同じ条件を、地上(ラボ)で再現することによって誕生するため天然のダイヤモンドと完全に同一の構造を持ちます。 その為専門家でもその識別は難しく、モアッサナイトやキュービックジルコニアなどの類似石・模造石とは異なります。 4 reasons 私たちAPARTRYがラボグロウンダイヤモンドを採用する 4つの理由   1.地球環境に優しく、生き物を傷つけないこと天然のダイヤモンドを採掘するためには1トンの岩を掘り起こしたとしても1g程度しか発見されないと言われています。 それだけの採掘で汚染された地域の植物や魚やそれらを主な食事にしている動物たちを蝕んでいます。   2.倫理的であること  ラボで作られているため、紛争や強制労働・児童労働に加担している可能性がゼロです。天然ダイヤモンドは”キンバリー・プロセス”という規定があるものの、そのシステムから完全には保証できません。美しいダイヤモンドはその背景までも美しいものであるべきだと考えます。   3.美しい結晶であること ダイヤモンドは炭素(C)でできていますが、天然のダイヤモンドの98%に窒素やホウ素など不純物が含まれております。 ラボグロウンダイヤモンドは不純物元素を含まず結晶化したもので、美しく輝きます。   4.価格が安定していること ラボグロウンダイヤモンドは中間コストが少なく、天然ダイヤモンドより30%~40%低価格です。

11