ラボグロウンダイヤモンド

ラボグロウンダイヤモンド

ニューカッスルにある英国でも非常に珍しいダイヤモンド育成工場

CHELSEA ROCKS – Laboratory Grown Diamonds Joanna Park-Tonks Entrepreneur & lab grown diamond advocate 私は、ニューカッスルにある英国でも非常に珍しいダイヤモンド育成工場のひとつ、ブリングダイヤモンド社を訪問することができ、とても嬉しく思いました。3人の革新的な共同設立者に招かれたBring Diamondsは、ノースイーストが生んだ真の技術的驚異であり、ダイヤモンドの育成方法を直接見ることができ、とても勉強になりました。 1. 以下に説明するプロセスはCVD(Chemical Vapour Despositon)と呼ばれ、ダイヤモンドを製造するための最先端技術の方法です。 2. 赤と青のパイプの画像に見られるように、メタンガスはチャンバーに送り込まれ、3,000 Fに加熱されます。ダイヤモンドウェハーにはダイヤモンドとグラファイトの種が入っており、高熱とレーザーにさらされ、地球の自然の地質プロセスを模倣してダイヤモンドが作られます。 3. メタンが加熱されて蒸気になり、ダイヤモンドの種がゆっくりとプラズマ化して、舷窓の画像に見られるように、分子ごとに、層ごとに原石が成長する。 4. 4. 5~6週間後、採掘されたダイヤモンドと同じ分子構造(四面体二重結合炭素)を持つ、大量のダイヤモンド「原石」が生成されます。 5. 5.スクリーンの画像にあるように、レーザー技術を使って原石を検査し、ダイヤモンドの種を採取したり、余分なものを取り除いたりする。 原石は研磨工場に送られ、他のダイヤモンドと同じようにカットされ、私たちが知っているように、その内なるファイアー、輝き、シンチレーションが明らかにされます。#shineon!        

3

ラボグロウンダイヤモンド

新しい時代が求める、新しいダイヤモンド。 その価値を、美しさを、輝きを ぜひ、ハピネス・アンド・ディのジュエリーで。

まったく新しいダイヤモンドが誕生しました。 その名は「ラボグロウンダイヤモンド」。 宝石の頂点に立つ、神秘的な輝きや硬度も すべて、天然のダイヤモンドと同じ。 不純物を一切含まない純度の高いダイヤモンドです。

51

ラボグロウンダイヤモンド

PRIORITY DIAMONDは、その信念の追求とエシカルなダイヤモンド、ラボグロウンダイヤモンドとの出逢いにより誕生しました。

Priority to Ethical and Happiness Brightness 私たちは日本最初のダイヤモンド専門企業として、半世紀を超えてダイヤモンドと向き合い、ダイヤモンドの真の価値について追求し続けてきました。宝石としてのダイヤモンドが持つ価値は、それを手にする人の幸せに寄り添うことであり、美しさだけではなく、そのダイヤモンド自体が倫理的で幸せな起源を持つ必要があると、私たちは考えています。

60

ラボグロウンダイヤモンド

合成ダイヤモンド(ラボで製造されたダイヤモンド) – GIA 4Cs

ラボで製造されたダイヤモンドとは? 合成ダイヤモンドは、ラボラトリー グロウン、ラボで生成された、ラボで製造された、人工ダイヤモンドなど、様々な名前で呼ばれています。これらの名称はすべて、合成ダイヤモンドがラボラトリーや工場で作られたものであって、自然の中で生成されて地中から採掘されたものではないという事実を示しています。

16

ラボグロウンダイヤモンド

合成(ラボ・グロウン)ダイヤモンド ❘ アトリエトントン

合成(ラボ・グロウン)ダイヤモンド   合成ダイヤモンド – Laboratory grown Diamond ラボラトリー・グロウン・ダイヤモンドとは、天然と同じ化学組成と結晶構造を持つ人工(合成)ダイヤモンドのこと。 天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの比較 化学組成:C(天然・合成どちらも) 結晶構造:等軸晶系(天然・合成どちらも) モース硬度:10(天然・合成どちらも) 屈折率:2.42(天然・合成どちらも) 比重:3.52(天然・合成どちらも) 分散:0.044(天然・合成どちらも) 天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドとは科学的、光学的、物理的には同じですが、生成過程は異なります。天然ダイヤモンドは十数億年または約30億年前にできたもの考えられ、長い時間かかって自然環境下で結晶成長しました。合成ダイヤモンドは、製造工場で数週間で結晶成長させた合成ダイヤモンドです。 カラーレスの天然と合成ダイヤモンド 2018年末の情報では、カラーレスのⅠ型合成ダイヤモンドは流通していないといわれます。最近話題のCVD製造の“ラボ・グロウン”ダイヤモンドは、Ⅱa型(TYPE Ⅱa)が製造されます。ダイヤモンドは紫外線透過率により、窒素(チッソ:N)を含むⅠ型(TYPE Ⅰ)と、窒素を含まないⅡ型(TYPE Ⅱ)へと分類されます。 Ⅰ型(TypeⅠ) Ⅱ型(TypeⅡ)   ダイヤモンドの詳しいタイプ分類は、ダイヤモンドの色の原因とタイプ分類のページをご覧ください。 天然ダイヤモンドの産出量のうち、約97~98%程度が窒素原子を含むⅠ型(TYPE Ⅰ)といわれます。 現在主流の合成ダイヤモンド製造方法(CVDとHPHT)では、カラーレスの場合どちらもⅡ型(TYPE Ⅱ)となり、Ⅰ型であれば2018年の情報では合成ではないと考えられます。 *ダイヤモンドの窒素含有率によるⅠ型・Ⅱ型のTYPE判別は、設備の整った宝石鑑別機関では簡単に検査可能です。 交差偏光下による干渉像 CVD合成のダイヤモンドでは、2枚の偏光版(偏光フィルター)を使用した交差偏光下の観察で歪複屈折が確認できる可能性が高いです。 CVD合成ダイヤモンドの干渉像 天然ダイヤモンド 天然のⅡ型には通称“タタミマット”模様が見える場合があるので見間違いに注意が必要です。 インクルージョンの違い HPHT合成のダイヤモンドは、溶媒中の金属インクルージョンによってダイヤモンドが協力な磁石にくっつくこともあります。天然のダイヤモンドが磁石にくっつくことはありません。CVD合成ダイヤモンドでは、天然とは違う感じのグラファイトによる黒色インクルージョン(針状や筋状)を確認できる場合があります。 長波紫外線による強い蛍光反応 紫外線によるダイヤモンドの蛍光性(Fluorecence)も天然と人口の判断に役立ちます。現在生産される人工ダイヤモンドは長波紫外線(365nm:ナノメーター)で蛍光反応を示さない(None)個体がほとんどといわれます。もし、お持ちのダイヤモンド(カラーレスのみ)が中程度から強い蛍光性を示せば天然ダイヤモンドと判断できそうです。 *カラーレスの天然ダイヤモンドの約80%は蛍光反応を示さないのでご注意ください。 グレーディングレポート 購入するダイヤモンドが、自然界で成長したナチュラル(天然)のダイヤモンドか?、または実験室で成長した合成(または人工)ダイヤモンドなのかが気になるところです。 ご安心ください。G.I.A.やI.G.I.、HRD、CGL、AGTといった信頼のある宝石鑑定機関で検査されて、ダイヤモンド・グレーディング・レポートのあるダイヤモンドは天然ダイヤモンドです。 人工(Laboratory grown:ラボラトリー・グロウン)ダイヤモンドには、天然とは異なる専用のグレーディングレポートが発行されます。 上記は2018年末時点の内容です。技術の進歩により鑑別の困難な人工ダイヤモンドが生産され流通する可能性があります。また、アトリエトントンに電話やメールで問い合わせや質問をいただいても、天然と合成の判断や回答はできません。ご了承ください。

30

ラボグロウンダイヤモンド

【ラボグロウンダイヤモンド】新時代の輝きを届けるジュエリーブランド ”ANNA” 誕生。

【ラボグロウンダイヤモンド】新時代の輝きを届けるジュエリーブランド ”ANNA” 誕生。 0.8ct以上の最高品質のラボグロウンダイヤモンドを用いた、ジュエリーブランド “ANNA” をローンチいたします。 もりかきプロダクション合同会社 2021年12月24日 19時56分 もりかきプロダクション合同会社(東京都港区北青山)は、2021年12月24日(金)にラボグロウンダイヤモンドジュエリーブランド “ANNA”をローンチし、自社ECサイトでの販売を開始致します。https://annadiamond.shop/ ・ブランドについて   ①コンセプト 「流されるな、貫け。」         自分の信念や、譲れない思い、ワクワクすること。 目まぐるしい日常や、肩書きなどに追われて、それらを忘れそうになっても 自分らしくあり続けるために、強い芯を持って生き抜く人々を応援したい。 そんな想いから、ANNAは始まりました。 外見だけの美しさだけでなく、 中身まで倫理的に美しいダイヤモンドがあなたの意志を支えます。 ②目指す世界 「表層的な美しさに惑わされない世界」 大量生産、大量消費。衣服でも食品でも私たちはあまりに多くのものを捨てています。 そんな時代に終止符を打つためにできること、それは世代を超えて大切にできる「本当に善いもの」を適正価格でお届けすることだと思います。末永く愛用できる究極の輝きを、あなたの毎日に纏ってください。 ・製品について ①ラボグロウンダイヤモンドとは ラボで生成された人工ダイヤモンドで、以下のような特徴があります。 特徴1. 採掘なし 天然ダイヤモンドのように、鉱山で採掘する必要がありません。環境を大きく破壊せずに生成することができます。 特徴2. 天然ダイヤモンドと全く同じ化学式 ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと完全に同じ化学的特性を持っています。その違いは顕微鏡で見ても見分けがつきません。 特徴3. 適正価格 ダイヤモンドの1/2~2/3の価格でお買い求めいただけます。 ②ANNAのこだわり *品質 ANNAでは、最高品質(カラーG以上、クラリティVS1以上、カットGOOD以上)のラボグロウンダイヤモンドのみを厳選しています。その証として、お届けする全てのダイヤモンドに世界有数の宝石の研究・教育機関であるGIA(Gemological Institute of America)の鑑定書をお付けしております。 さらに、ジュエリーに用いる地金には、高品質な18金のイエローゴールド・ホワイトゴールドを使用しています。 *適正価格 サプライヤー様から直接ダイヤモンドを仕入れ、オンラインでの受注生産を主として販売し、無駄なコストを徹底的に排除することで、適正価格を実現しています。 *倫理的なものづくり カーボンニュートラルなダイヤモンドを使用。ダイヤモンドを製造するラボの電力は、全て再生可能エネルギーによって賄われています。 また、ジュエリー箱のプラ芯を除いて、全ての包装・緩衝材に紙素材を使用しています。今後、全ての包装を紙素材にすることができるよう開発をすすめてまいります。 さらに、天然ダイヤモンドの採掘労働者の労働環境改善・社会的地位の向上を目指し、売上の一部を非営利活動法人へ寄付します。 ・販売商品 *ネックレス(税込392,000円~) ※画像は、1.18ctを使用 *ピアス(税込794,000円~) ※画像は、1.0ctを使用。...

10

diamonds-1280
ラボグロウンダイヤモンド

世界中のセレブが注目するダイヤモンド … – GC online store

今、世界中のハリウッドスターやセレブが注目する『ラボグロウンダイヤモンド』。 この『ラボグロウンダイヤモンド』を使った宝飾品が大人気となっています。 今回は、日本でも注目間違い無しのジュエリー『ラボグロウンダイヤモンド』をご紹介します。 『ラボグロウンダイヤモンド』とは? 『ラボグロウンダイヤモンド』は、その名の通り『ラボ(研究所、工場)』『グロウン(育てられた)』ダイヤモンドという意味です。 ラボグロウンダイヤモンドは、物理学的、科学的、そして光学的な組成が天然ダイヤモンドと同一に生成されています。 天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドは見た目には全く区別することができません。 また、この『ラボグロウンダイヤモンド』は、天然ダイヤモンドよりも安く購入できるのも大きな魅力のひとつで、 更に研究所で生成しているので、天然では珍しいカラーダイヤモンドを作ることも可能なのです。   天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドの違い 天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドの違いはほぼありません。 先述した通り、天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドは、物理学的、科学的、光学的な組成が同一です。 両者の僅かな差異を検出できる特殊な装置を使った場合のみ区別が可能なほど、見た目に変わりはありません。 天然ダイヤモンドとの違い 天然 ダイヤモンド ラボグロウン ダイヤモンド キュービック ジルコニア モアッサナイト 化学式 C C ZrO2 SiC 熱伝導率 High High Low High 結晶構造 Cubic Cubic Cubic Hexagonal モース硬度 10 10 8.25 9.25 密度[g/㎤] 3.51 3.51 5.50-6.00 3.21 屈折率 2.42 2.42 2.16 2.65-2.59 光学分散 0.044 0.044...

43