ガバナンス

ラボグロウンダイヤモンド

国際グロウンダイヤモンド協会(IGDA)は、新しい国際リーダーシップ委員会を発表しました。

国際グロウンダイヤモンド協会(IGDA)は、新しい国際リーダーシップ委員会を発表しました。   この委員会は、ラボグロウンダイヤモンドの成長が続く中、戦略的・戦術的な優先順位の策定を支援するために、個人が自発的に委員を務めます。 新委員会の構成員は以下の通りです。 –シャルロット・デーン(Courbet; — Daniel Kahn, Labs & Lusix; — Joanna Park-Tonks, Chelsea Rocks; — Vishal Mehta, Lumex; — ヴェロニク・ドゥ・ボーモン(ディアム・コンセプト — トム・チャタム(Chatham Created Gems & Diamonds, Inc; — Irene Hsieh, Joy Colori; — Zulu Ghevriya, Smiling Rocks; — Shelly Katzir, Hoover & Strong; — Andrey Zharkov, Ultra C; — ルイス・プライス(M.ゲラー社)..; — シャシュバット・サダニ(Classic Grown...

8

ラボグロウンダイヤモンド

SmilingRocks-The International Grown Diamond Association (IGDA)

弊社CEO Zulu GhevriyaがInternational Grown Diamond Associationのリーダーシップ委員会のメンバーとして、ラボグロウンダイヤモンドでより良い世界を作るためのデリケートな活動を行っています。 2016年に設立されたIGDAは、ラボグロウンダイヤモンド業界を代表し、消費者を教育し、ラボグロウンダイヤモンドを促進することを目的とした非営利の協会です。 IGDA Announces International Leadership Committee 記事全文を見る http://ow.ly/tbmY50HV9vV    

5

ラボグロウンダイヤモンド

DIAMOND FOUNDRY

PriorityDiamond 2022年2月15日 DIAMOND FOUNDRY ”私はDiamondFoundryへの投資を誇りに思っています。- アメリカでは、採掘による人的および環境的な負荷を与えずに、サスティナブルにダイヤモンドを成長させています。“ レオナルド ディカプリオ PRIORITY DIAMONDでは、レオナルド ディカプリオが投資している事で知られるDiamond Foundryのエシカルでサスティナブルなダイヤモンドをお選びいただけます。 ”I’m proud to invest in Diamond Foundry Inc. – sustainably growing diamond in America without human & environmental toll of mining.“ LEONARDO DICAPRIO At PRIORITY DIAMOND, you can choose from Diamond Foundry’s ethical and sustainable diamonds, known for being invested by Leonardo DiCaprio.  

36

ラボグロウンダイヤモンド

ラボラトリーグロウンダイヤモンドを安全に売買する方法

ラボラトリーグロウンダイヤモンドを安全に売買する方法 Feb 14, 2022 4:27 AM By The Gemological Institute of America (GIA) | ADVERTORIAL |   ラボラトリーグロウンダイヤモンドは、より多くの量、より高い品質、新しいカラーを、多くの人が魅力的と感じる価格帯で入手できるようになってきています。ラボラトリーグロウンダイヤモンドが市場で存在感を増しているのは、不思議なことではありません。 ラボラトリーグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドに代わる手頃で魅力的なダイヤモンドを探している消費者にとって、魅力的な選択肢です。彼らは、消費者がサイズアップまたは4C品質でより高い行くことが容易になります。彼らはまた、ピンク、青、または緑など、天然ダイヤモンドでは信じられないほど珍しい鮮やかな色で来る。最後に、彼らはしばしば倫理的に供給されているか、環境に配慮した方法で作成されているダイヤモンドを探している消費者のためのゴーゴーです。 なぜGIAラボラトリーグロウンダイヤモンドレポートが重要なのか? あなたやあなたのスタッフは、あなたが遭遇した実験室産のダイヤモンドの品質を識別したり、認識したりする準備ができていますか?実験室産のダイヤモンドは、肉眼で天然ダイヤモンドと見分けることは事実上不可能で、その正体を見極めるには検査が必要です。私たちGIAは、あなたとあなたの顧客が、購入されたものの正体と品質を常に知っていることを保証したいと思います。そのため、2020年にラボラトリーグロウンダイヤモンドのレポートを更新しました。GIAラボラトリーグロウンダイヤモンドレポート(LGDR)は、消費者がダイヤモンドの身元を知り、その品質を十分に理解することをこれまで以上に容易にするものです。 更新されたLGDRの主な特徴 ラボラトリーグロウンダイヤモンドが研究所に提出されると、まず、それが天然かラボラトリーグロウンかを判断するために検査が行われます。そして、GIAが考案し、世界中で実施されている評価基準である「4C」を用いて、GIAのグレーダーが評価を行います。ラボラトリーグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと同じように細心の注意を払って評価されます。GIAラボラトリーグロウンダイヤモンドレポートは、カラーとクラリティの詳細なスペックを提供し、これまで以上に深い洞察力で、消費者が明確な意思決定を行えるようにします。このレポートには、その石のクラリティ特性のプロットも含まれています。 GIAの鑑定士は、分光法やその他の高度な検査方法を用いて、ダイヤモンドがどのように成長したか(高圧高温法(HPHT)または化学気相成長法(CVD))を判定することができます。この情報は報告書に記載されます。ラボラトリーグロウンダイヤモンドレポートには、ダイヤモンドの成長方法に加えて、成長後の処理が検出されたかどうかも記載されています。ピンク、ブルー、グリーン、イエローなどのファンシーカラーを得るため、あるいはDからZのダイヤモンドの色を改善するために、ラボラトリーグロウンダイヤモンド、ナチュラルダイヤモンドを問わず、HPHT法で処理することが可能です。GIAのLGDRは、消費者が自分のダイヤモンドがこの方法でカラーを向上させる処理が施されているかどうかを知ることができます。 デジタルレポート 最新のラボラトリーグロウンダイヤモンドレポートは、完全にデジタル化されています。GIA.eduのGIAレポートチェックサービスを通じて、ダイヤモンドの情報をいつでもどこでも消費者の都合に合わせて安全に見ることができるのです。デジタルレポートは、データを安全に保存し、毎年のレポートの作成と輸送に必要な紙とエネルギーを削減することで、持続可能性と安全性を向上させます。テクノロジーと消費者保護の進歩に伴い、紙かデジタルかに関わらず、重要な宝石のデータと知識を、それらを必要とするクライアントに届け続けることを約束します。 なぜGIAなのか? ダイヤモンドの識別、成長方法、処理を決定するには、科学的専門知識が必要です。GIAでは、60年以上にわたるダイヤモンドの研究、毎年数百万個のダイヤモンドを鑑定して得た知識、そして研究目的のために社内でCVDダイヤモンドを成長させて集めた情報によって、この情報を提供するユニークな立場にあるのです。科学によって育てられたラボラトリーグロウンダイヤモンドには、科学者の専門知識が必要です。新しいラボラトリーグロウンダイヤモンドレポートは、お客様が信頼する研究所から期待される輝きを提供します。仕入・販売するダイヤモンドの身元と品質を知ることで、ラボラトリーグロウンダイヤモンドの在庫を自信を持って店に加え、顧客のショッピングバッグに輝きを与えることができます。 gia.edu

24

ラボグロウンダイヤモンド

ラボグロウンダイヤモンドとは?

本物のダイヤモンドの新しい形   ラボグロウンダイヤモンドは、偽物? いいえ、ラボグロウンダイヤモンドは世界的に認められている本物のダイヤモンドです。 美しい輝き、化学的、物理的、光学的特性など、天然ダイヤモンドと全く同じなのです。 不純物を一切含まず純度100%、その透き通った輝きは時には天然ダイヤモンドより美しく、 地中ではなく地上で人の手によって誕生したのがラボグロウンダイヤモンドです。   天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドは見分けがつく? 残念ながらプロの鑑定士でも見分けることはほぼとんどの場合、難しいでしょう。 何故なら、両者は同じ物質、同じ性質、同じ輝きだからです。 特殊な専門機械を用いてはじめて、両者の判別が出来るのです。 天然ダイヤモンド VS ラボグロウンダイヤモンド お値段は? 最高ランクの天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドの価格を比較してみました。 ダイヤモンドの価格は4Cによって変動します。 4Cとは、 ・Carat(カラット)=重量 ・Color(カラー)=色 ・Crality(クラリティ)=透明度 ・Cut(カット)=輝き LUVIAGEは、これらの品質基準を全て上位に評価されたラボグロウンダイヤモンドのみを取り扱っております。 国際的に認められている証 ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと同じように国際的な鑑定機関であるIGI、IGAによる鑑定書が与えられます。※3 本物のダイヤモンドと認められている証であり、どこの研究所でいつ生まれたなどのルーツが分かることで、品質の高さと透明性はさらに明らかになりました。 ※3  0.3ct以上のラボグロウンダイヤモンドに限る。   多くの海外セレブや著名人がラボグロウンダイヤモンドの着用を公表 海外では、ラボグロウンダイヤモンドの使用が積極的に行われており、着用を公表している著名人は少なくありません。 ラボで生成されるため、天然ダイヤモンドによる環境・社会問題を生み出さず、エシカルかつサスティナブルに供給できることから、レオナルド・ディカプリオ、ペネロペ・クルス、エマ・ワトソン、メーガン・マークル、レディー・ガガなど、社会問題への意識が高いセレブが支持を表明するなど、海外で注目されています。   人工ダイヤモンド?○○ダイヤモンドって? 世の中には“○○ダイヤモンド”という言葉がありふれています。 例えば、人工ダイヤモンド、シミュレーションダイヤモンド、ジルコニアダイヤモンド、模造ダイヤモンド、SONAダイヤモンド……. 一度は聞いたことがある名前ですが、残念ながらこれらは全て、二酸化ジルコニウム(ZnO2)でできたキュービックジルコニアです。 ダイヤモンド(天然ダイヤモンド)・ラボグロウンダイヤモンド以外の○○ダイヤモンドとつくものは、例外なく全て、ダイヤモンドではない別の物質なのです。 ラボグロウンダイヤモンド まとめ ラボグロウンダイヤモンドとは、最新のテクノロジーによって人工的に成長させた、本物のダイヤモンドです。 本物の輝きをリーズナブルな価格で手に入れることができます。 海外セレブにも多く着用され、投資も盛んにおこなわれております。ラボグロウンダイヤモンドはますます身近な存在になるでしょう。        

4

ラボグロウンダイヤモンド

天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンド。知っておくべき5つのこと

Natural Diamonds Vs. Lab-Grown Diamonds: 5 Things You Need To Know 公開日: 2022年2月1日 婚約指輪をお探しの方は、多くの小売業者が消費者に問いかけている最も大きな問題のひとつを提示されたことがあるのではないでしょうか。 Lab GrownかNaturalか?伝統的に、エンゲージメント リングの選択肢は天然ダイヤモンドだけでした。しかし近年、ラボ グロウンダイヤモンドの導入と人気の高まりにより、お客様はリングに最適なダイヤモンドを選ぶ際に、より多くの選択肢を手に入れることができるようになりました。 では、ラボグロウンと天然採掘の違いは何なのでしょうか。また、どこで購入できるのでしょうか。 1. ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと見た目が違うのですか? ラボラトリーグロウンダイヤモンドと天然ダイヤモンドは肉眼では違いがありません。専門的に認定されたGIAの宝石鑑定士でさえ、特殊な機器を使用するか、GIAのような鑑定機関に送らない限り、この2つを見分けることはできないでしょう。 高倍率で見れば、ラボグロウンダイヤモンドと採掘されたダイヤモンドの内包物の非常に小さなコントラストを見分けることが可能です。しかし、このような高倍率でなければ、判別することは不可能です。 ダイヤモンドの起源と、それが自然に形成されたものなのか、それともラボグロウンなのかを判断する唯一の方法は、宝石のグレーディングレポートを確認することです。ダイヤモンドを販売している宝石商は、消費者にその石が研究所で作られたものか、自然に形成されたものかを明記しなければなりません。 品質、カット、透明度といった特性の面では、ラボグロウンダイヤモンドは地球で採掘されたダイヤモンドと外観に違いはなく、完全に同等です。また、天然ダイヤモンドと同等のファイヤーとブリリアンスを提供することができます。 2. 予算的にどっちがいい? ラボラトリーダイヤモンドは、多くの場合、天然ダイヤモンドよりもかなり安価です。 同じクラリティ、品質、カット、カラーのダイヤモンドを比較した場合、ラボ産の同様のグレードのダイヤモンドは、しばしば天然ダイヤモンドの40%~50%のコストとなります。この価格差は、お客様が同等のダイヤモンドをより低価格で購入したり、その追加予算で天然採掘のダイヤモンドよりもはるかに高いレベルの透明度やカットを持つラボグロウンダイヤモンドを選択できることを意味します。 しかし、あなたはラボダイヤモンドで最初の割引を選ぶかもしれませんが、天然ダイヤモンドの長期的な価値は、ラボ成長したものよりも有意に高いです。ラボダイヤモンドは、代わりに少し再販価値に低下し、価値で高く評価しないことが示されているのに対し、天然ダイヤモンドは、時間の経過とともに、より良いその価格を保持することが示されている。 3. ラボグロウンダイヤモンドは環境に良いの? もし、あなたが婚約指輪を購入する際に、持続可能性を重要視するなら、ラボグロウンダイヤモンドはあなたにとって素晴らしいルートです。 採掘された天然ダイヤモンドは、野生動物への悪影響、地下水の汚染、景観の悪化など、環境に対する代償が大きいことがよく指摘されています。しかし、天然ダイヤモンド採掘の歴史は、現代の消費者の多くが、より持続可能な代替手段を求めていることを意味しています。しかし、2003年に制定されたキンバリープロセス認証制度により、現在の市場で「紛争ダイヤモンド」が販売されることはありません。私たちのダイヤモンドは、すべてサステナブル認証を受けており、サプライヤーとアソシエイトの幸福を保証するためにチェックされています。 ラボグロウンダイヤモンドは、完全に追跡可能であるため、環境、水系、自然採掘による汚染に害を与えることはありません。しかし、大量のエネルギーを必要とします。技術の進歩や多くの企業が再生可能エネルギーに移行することで、ラボグロウンダイヤモンドは、より環境に優しい選択肢となることでしょう。 4. ダイヤモンドができるまで、どのくらいかかるの? 地表に存在する天然のダイヤモンドは、地球のマントルの中で10億年から30億年かけて形成されたものです。火山活動、高圧、地殻変動などの長いプロセスを経て、ダイヤモンドは地表に押し出され、採掘されます。 一方、ラボグロウンダイヤモンドは、わずか数週間で作ることができます。ラボグロウンダイヤモンドは、2つの方法で作られます。 – 高圧高温法(HPHT):天然ダイヤモンドが地球のマントルで形成される段階と同様、高圧ラボグロウンダイヤモンドは、大型機械で一定量の天然グラファイトを作り、それを非常に高い温度と圧力にかけることでダイヤモンドを形成するものです。 – 化学気相成長法(CVD): 化学的プロセスを用いて作成され、「種」となる結晶または小さなダイヤモンドを、加熱されたガスで満たされたチャンバー内に置きます。化学薬品に長時間さらされると、炭素の層が「種」ダイヤモンドの周りに形成され、より大きな宝石ができあがります。 5. ラボグロウンダイヤモンドは本物ですか? ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドの偽物、またはダイヤモンドシミュラントという概念を持つお客様が多いようですが、採掘された宝石と同様に本物です。ラボで育てられたダイヤモンドも、採掘されたダイヤモンドも、その真正性に違いはありません。両者を分ける唯一の側面は、それらがどのように作られたかですが、その組成は基本的にまったく同じです。 Chrysella Diamonds: ラボグロウンとナチュラル 私たちは、ラボで作られたダイヤモンドと自然由来のダイヤモンドの両方を、すべて認証付きで提供しています。ラボラトリーダイヤモンドや天然ダイヤモンドについてご不明な点がございましたら、GIAの宝石鑑定士がお答えします。 Co-Authored by Andrew Elawar...

166

ラボグロウンダイヤモンド

Diamant de laboratoire : il va falloir compter avec lui !

the french jewelry post BUSINESS 22 JANVIER 2022 ラボラトリー・ダイヤモンド:どうにかしてくれ! ラボラトリーダイヤモンドと天然ダイヤモンドの比較。もし、この2つが共存できるとしたらどうでしょう?これが数年後の姿です。 サンドリーヌ・メルル著 1/6百万カラット 2020年、600万カラットの合成ダイヤモンド(天然ダイヤモンドと同じように結晶化する)が窯から出てきた。極端な温度と圧力にさらされた炭素だけで作られたものだ。2030年には1,920万カラット近くになると予想されています。これは、幼少期の食欲や魅力を考えると、決して不合理なことではありません。このように生産量は増えているが、何十億年も前に人間の手を借りずに形成された地球の地下で、毎年1億4000万〜1億5000万カラットのダイヤモンドが採掘されるには、まだ遠い道のりである。 2/ 2018年、合成ダイヤモンドに大きな転機が訪れる 市場はまだ整理されていない段階で、カーボンニュートラルやクライメートニュートラルなどのラベルが登場し、オンリーナチュラルダイヤモンドに相当する協会(天然ダイヤモンド分野の主要企業で構成)も設立されています。Luximpact投資ファンドの共同設立者であるFrédéric De Narpにとって、”大きな転機は2018年に天然ダイヤモンドの主要生産者であるDe Beersがラボグロウンダイヤモンド専用のLight Boxブランドを立ち上げたときだけです:これはそれが表す脅威を証明するものです “と述べています。たとえ、破格の値段(1カラットあたり800ドル)で平均的な品質という位置づけのファンシーなものであっても。同時に、GIAは最初の証明書を発行します。ラボグロウンダイヤモンドは、化学組成と結晶化が全く同じであるため、同じ基準、4Cに基づいて判定されます。 3/ 生産者と消費者は誰なのか? 中国とインドがラボラトリーダイヤモンドの2大生産国だが、小さすぎるし品質も平凡で、工業用である。このように、最も美しく、最も大きなものを生産しているのはロシア、特にアメリカである(特にダイヤモンド・ファウンドリー社)。市場としては、米国が最も好まれており、4年前は10%だった小売店の半数が取り扱っています。中国はというと、いまだに投資対効果の高いダイヤモンドを独占している。その中でフランスは?客層はまだ慎重で、ラボはCNRSの研究者アリックス・ジッケルが立ち上げた「Diam Concept」1つだけだ。非常に新しいもので、まだ石を直列に供給することはできません。 4/ コンバーター DFLYの発端となったクリステル・ミシェルは、天然ダイヤモンドの基準であるアントワープのHRD研究所で研修を受けた宝石鑑定士である。「きっかけは、実験室で作られた2つのダイヤモンドを天然と見間違えたことでした。大きな心境の変化でした。実は、この違いを見分けることができるのは、特殊な機械だけなのです クルベの創業者であるマニュエル・マランは、元ピアジェ、ポワレの人である。元カルティエ、元ハリー・ウィンストンのコラリー・ド・フォントネ、フレデリック・ド・ナープ、サンドリーヌ・ド・ラージュは、フランスのジュエラーを再生させるために、責任あるアプローチでルクスインパクト投資ファンドを設立しました。 5/両者の価格差は? 同じ重さ、同じ品質であれば、この合成ダイヤモンドは天然ダイヤモンドより40%(店頭)〜75%(卸売)安くなるそうです。そのため、もう少しカラットを増やしてもいいのでは?それがどうなるかは、未来にしかわからない……生産の発展とともに、格差は広がっていくのだろうか?これでは、コスチュームジュエリーにとどまり、1,000ドルを下回る危険性があるとの見方もある。とはいえ、希少性の問題もある。「ボタンを押せば欲しいものが手に入るわけではないし、結晶化もコントロールできない」とクリステル・ミッシェルは説明する。炉の中から出てくるのは、意外なものです。10カラット以上のこのダイヤモンドは非常に希少です。Manuel Mallenは何ヶ月も15カラットの標本を探していました。 6/ 一方は他方より汚染度が低いのでしょうか? Only Natural Diamondsによると、1カラットの天然ダイヤモンドを生産するのに必要なCO2は160kg、合成ダイヤモンドは511kgと、3倍も少ない(Tシャツは2kg、Mac Book Airは136kg)そうです。この数字は、最良のケース(つまり最も模範的な7つの鉱山)と最悪のケース(中国の炉)に対応している」と、アリックス・ジッケルが飛びつくには十分だ。私の国では、フランスが低炭素国であるため、1カラットカットあたり20kgのCO2が影響するのが現状です。注意:これらの数値は、生産国の脱炭素化のレベル、合成ダイヤモンドの製造技術(CVD(低圧)またはHPHT(高圧))、生産チェーンの長さなどに応じて修正される必要があります。すべての鉱山が同じように操業しているわけではないし、すべての炉が同じように操業しているわけでもない。この2つを確実に比較することは難しいでしょう…。 7/そして未来は? 800億ドルのダイヤモンドジュエリー市場のうち、ラボグロースはまだ28億ドルに過ぎない。しかし、私たちは今、転換期を迎えています。ジュエリーの市場はどんどん大きくなっているので、両方の余地があるのです。生産者が養殖真珠と同じ過ち(過剰生産、品質不良、コミュニケーション不足など)を犯さない限り、おそらく敗者も勝者もないだろう。      

7

ラボグロウンダイヤモンド

シチズンは、これからも美しい地球の未来のために、 できることから、サステナビリティへの選択肢を提供していきます。

ラボグロウン・ダイヤモンド 天然ダイヤモンドと同じ硬さ・輝きを持つ、 地球ではなく100%ラボから生まれた、エシカルなダイヤモンド。 シチズンは、これからも美しい地球の未来のために、 できることから、サステナビリティへの選択肢を提供していきます。 1、美しい輝き 『ラボグロウンダイヤモンド』は、その名の通り 『ラボ(研究所、工場)』で『グロウン(育てられた)』 天然ダイヤモンドと同じ硬さと輝きを持ち、環境、安全、労働基準に最大限の考慮をして作られたダイヤモンド。 天然ダイヤは <自然に咲く花> ラボグロウンダイヤは <ハウス栽培で育った花> 育ってきた環境が異なるだけで、どちらも美しい同じ花です。   2、サステナビリティ ラボグロウン・ダイヤモンドは、地球環境へ与える影響が非常に軽微です。大規模な坑道での採掘なども必要ないので、作業従事者への安全も確保しています。また、紛争のダイヤモンドの可能性もゼロ。環境も人も犠牲にすることなく、美しいダイヤモンドをいつもと同じように楽しんでいただけます。   3、確かな品質 この時計に使われているラボグロウン・ダイヤモンドは、スワロフスキー社製「スワロフスキークリエイティッドダイヤモンド」を使用しています。一つ一つに、「Swarovski CD」と刻印する技術を兼ね備え、RJC認証*取得のスワロフスキー社だからこその安心感です。 *RJC認証とは:RJC(Responsible Jewellery Council :責任あるジュエリー協議会)が定める基準を満たしたメンバーに与えられる認証。認証取得には、倫理的活動、人権の尊重、環境保全の推進が行われているか、第三者認証機関による公平・公正なる監査が行われる。 ※ラボグロウン・ダイヤモンドの大きさに応じて、 刻印の場所等はお写真とは異なる可能性があります。              

20

ラボグロウンダイヤモンド

Z世代にも受け入れやすいダイヤモンドジュエリー 桑山が満を持してラボグロウンを展開

Z世代にも受け入れやすいダイヤモンドジュエリー 桑山が満を持してラボグロウンを展開   オリジナルジュエリーをはじめ、幅広い製品の企画・デザインから製造・販売、 サービスまで一貫体制の総合ジュエリーメーカー㈱桑山は、昨年50周年を迎え、 さらに多様な要望に応える商品や企画を展示・紹介した。 高い信頼性と優れた機能性を備えたマシンチェーンやデザインチェーンをはじめ、 安定した供給力と確かな検査体制が整えられた素材としてのダイヤモンドとダイ ヤモンドジュエリーに、アコヤ真珠をはじめとする素材としてのパールと様々な パールジュエリーを提供する他に、国内外のジュエリーブランドに向けて、 「CUT RING」、「DIAMOND JEWELLERY」、「Dolce Festa」、「G&P」、 「HARMONY」、「Color Stone」など様々なコレクションを展開する桑山が、 満を持して発表したのが、ラボグロウンダイヤモンドをつかったシリーズ。 これまで約2年を掛け、天然ダイヤモンドと決して混ざることがない流通の 仕組みによる管理体制と環境を整えてきたことと、年々話題性が高まってきて いることに合わせシリーズ展開を開始した。 ラボグロウンダイヤモンドが登場した頃は、天然ダイヤモンドの価格の半分 位と言われていたが、桑山のシリーズでは、3割~5割の間で価格設定が行 われており、ラボグロウンダイヤモンドを安売りする業者によって価格が若干 不安定になることを懸念した価格設定となっている。 また、ラボグロウンダイヤモンドの供給はインドから受けており、すべてに 「LGD」との刻印が打たれているモノを使用している。 コレクションの特長としては、①ラボグロウンダイヤモンドに対する抵抗を 取り除くため、ハンドクラフトを感じさせる温かみのあるデザインを切り口に、 手作業での彫り作業を取り入れるなど、あえて手作り風の作り方をすること で、人の手が感じられる作品にしている、②カラーダイヤモンドやポインター を使用した希少性を楽しめるジュエリー、③ブライダルの提案の3つ。さら に、Z世代にも受け入れやすい価格設定のダイヤモンドジュエリーになってい る点も見逃せない。 業界内ではスローな動きと見解が示されているが、海外市場を始め国内 の業界外では多数のブランドがEC販売を中心に活発に動き出しているの で、今後に注目だ。

28

ラボグロウンダイヤモンド

ラボグロウンダイヤの魅力

ラボグロウンダイヤの魅力 天然ダイヤモンドが生成される地球深部の環境を地上に再現して生まれる ラボグロウンダイヤモンド。 最新鋭の技術をもって誕生し、ダイヤモンドの新時代を切り開いた このラボグロウンダイヤモンドの“5つの魅力”をご紹介します。 【1】本物の輝き/【2】限りなく純粋な結晶/【3】価格的なメリット/【4】環境配慮と豊かな生活/【5】人と社会にも優しいダイヤモンド

10