テクノロジー

ラボグロウンダイヤモンド

合成ダイヤモンド(ラボで製造されたダイヤモンド) – GIA 4Cs

ラボで製造されたダイヤモンドとは? 合成ダイヤモンドは、ラボラトリー グロウン、ラボで生成された、ラボで製造された、人工ダイヤモンドなど、様々な名前で呼ばれています。これらの名称はすべて、合成ダイヤモンドがラボラトリーや工場で作られたものであって、自然の中で生成されて地中から採掘されたものではないという事実を示しています。

16

ラボグロウンダイヤモンド

合成(ラボ・グロウン)ダイヤモンド ❘ アトリエトントン

合成(ラボ・グロウン)ダイヤモンド   合成ダイヤモンド – Laboratory grown Diamond ラボラトリー・グロウン・ダイヤモンドとは、天然と同じ化学組成と結晶構造を持つ人工(合成)ダイヤモンドのこと。 天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの比較 化学組成:C(天然・合成どちらも) 結晶構造:等軸晶系(天然・合成どちらも) モース硬度:10(天然・合成どちらも) 屈折率:2.42(天然・合成どちらも) 比重:3.52(天然・合成どちらも) 分散:0.044(天然・合成どちらも) 天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドとは科学的、光学的、物理的には同じですが、生成過程は異なります。天然ダイヤモンドは十数億年または約30億年前にできたもの考えられ、長い時間かかって自然環境下で結晶成長しました。合成ダイヤモンドは、製造工場で数週間で結晶成長させた合成ダイヤモンドです。 カラーレスの天然と合成ダイヤモンド 2018年末の情報では、カラーレスのⅠ型合成ダイヤモンドは流通していないといわれます。最近話題のCVD製造の“ラボ・グロウン”ダイヤモンドは、Ⅱa型(TYPE Ⅱa)が製造されます。ダイヤモンドは紫外線透過率により、窒素(チッソ:N)を含むⅠ型(TYPE Ⅰ)と、窒素を含まないⅡ型(TYPE Ⅱ)へと分類されます。 Ⅰ型(TypeⅠ) Ⅱ型(TypeⅡ)   ダイヤモンドの詳しいタイプ分類は、ダイヤモンドの色の原因とタイプ分類のページをご覧ください。 天然ダイヤモンドの産出量のうち、約97~98%程度が窒素原子を含むⅠ型(TYPE Ⅰ)といわれます。 現在主流の合成ダイヤモンド製造方法(CVDとHPHT)では、カラーレスの場合どちらもⅡ型(TYPE Ⅱ)となり、Ⅰ型であれば2018年の情報では合成ではないと考えられます。 *ダイヤモンドの窒素含有率によるⅠ型・Ⅱ型のTYPE判別は、設備の整った宝石鑑別機関では簡単に検査可能です。 交差偏光下による干渉像 CVD合成のダイヤモンドでは、2枚の偏光版(偏光フィルター)を使用した交差偏光下の観察で歪複屈折が確認できる可能性が高いです。 CVD合成ダイヤモンドの干渉像 天然ダイヤモンド 天然のⅡ型には通称“タタミマット”模様が見える場合があるので見間違いに注意が必要です。 インクルージョンの違い HPHT合成のダイヤモンドは、溶媒中の金属インクルージョンによってダイヤモンドが協力な磁石にくっつくこともあります。天然のダイヤモンドが磁石にくっつくことはありません。CVD合成ダイヤモンドでは、天然とは違う感じのグラファイトによる黒色インクルージョン(針状や筋状)を確認できる場合があります。 長波紫外線による強い蛍光反応 紫外線によるダイヤモンドの蛍光性(Fluorecence)も天然と人口の判断に役立ちます。現在生産される人工ダイヤモンドは長波紫外線(365nm:ナノメーター)で蛍光反応を示さない(None)個体がほとんどといわれます。もし、お持ちのダイヤモンド(カラーレスのみ)が中程度から強い蛍光性を示せば天然ダイヤモンドと判断できそうです。 *カラーレスの天然ダイヤモンドの約80%は蛍光反応を示さないのでご注意ください。 グレーディングレポート 購入するダイヤモンドが、自然界で成長したナチュラル(天然)のダイヤモンドか?、または実験室で成長した合成(または人工)ダイヤモンドなのかが気になるところです。 ご安心ください。G.I.A.やI.G.I.、HRD、CGL、AGTといった信頼のある宝石鑑定機関で検査されて、ダイヤモンド・グレーディング・レポートのあるダイヤモンドは天然ダイヤモンドです。 人工(Laboratory grown:ラボラトリー・グロウン)ダイヤモンドには、天然とは異なる専用のグレーディングレポートが発行されます。 上記は2018年末時点の内容です。技術の進歩により鑑別の困難な人工ダイヤモンドが生産され流通する可能性があります。また、アトリエトントンに電話やメールで問い合わせや質問をいただいても、天然と合成の判断や回答はできません。ご了承ください。

30

ラボグロウンダイヤモンド

【ラボグロウンダイヤモンド】新時代の輝きを届けるジュエリーブランド ”ANNA” 誕生。

【ラボグロウンダイヤモンド】新時代の輝きを届けるジュエリーブランド ”ANNA” 誕生。 0.8ct以上の最高品質のラボグロウンダイヤモンドを用いた、ジュエリーブランド “ANNA” をローンチいたします。 もりかきプロダクション合同会社 2021年12月24日 19時56分 もりかきプロダクション合同会社(東京都港区北青山)は、2021年12月24日(金)にラボグロウンダイヤモンドジュエリーブランド “ANNA”をローンチし、自社ECサイトでの販売を開始致します。https://annadiamond.shop/ ・ブランドについて   ①コンセプト 「流されるな、貫け。」         自分の信念や、譲れない思い、ワクワクすること。 目まぐるしい日常や、肩書きなどに追われて、それらを忘れそうになっても 自分らしくあり続けるために、強い芯を持って生き抜く人々を応援したい。 そんな想いから、ANNAは始まりました。 外見だけの美しさだけでなく、 中身まで倫理的に美しいダイヤモンドがあなたの意志を支えます。 ②目指す世界 「表層的な美しさに惑わされない世界」 大量生産、大量消費。衣服でも食品でも私たちはあまりに多くのものを捨てています。 そんな時代に終止符を打つためにできること、それは世代を超えて大切にできる「本当に善いもの」を適正価格でお届けすることだと思います。末永く愛用できる究極の輝きを、あなたの毎日に纏ってください。 ・製品について ①ラボグロウンダイヤモンドとは ラボで生成された人工ダイヤモンドで、以下のような特徴があります。 特徴1. 採掘なし 天然ダイヤモンドのように、鉱山で採掘する必要がありません。環境を大きく破壊せずに生成することができます。 特徴2. 天然ダイヤモンドと全く同じ化学式 ラボグロウンダイヤモンドは、天然ダイヤモンドと完全に同じ化学的特性を持っています。その違いは顕微鏡で見ても見分けがつきません。 特徴3. 適正価格 ダイヤモンドの1/2~2/3の価格でお買い求めいただけます。 ②ANNAのこだわり *品質 ANNAでは、最高品質(カラーG以上、クラリティVS1以上、カットGOOD以上)のラボグロウンダイヤモンドのみを厳選しています。その証として、お届けする全てのダイヤモンドに世界有数の宝石の研究・教育機関であるGIA(Gemological Institute of America)の鑑定書をお付けしております。 さらに、ジュエリーに用いる地金には、高品質な18金のイエローゴールド・ホワイトゴールドを使用しています。 *適正価格 サプライヤー様から直接ダイヤモンドを仕入れ、オンラインでの受注生産を主として販売し、無駄なコストを徹底的に排除することで、適正価格を実現しています。 *倫理的なものづくり カーボンニュートラルなダイヤモンドを使用。ダイヤモンドを製造するラボの電力は、全て再生可能エネルギーによって賄われています。 また、ジュエリー箱のプラ芯を除いて、全ての包装・緩衝材に紙素材を使用しています。今後、全ての包装を紙素材にすることができるよう開発をすすめてまいります。 さらに、天然ダイヤモンドの採掘労働者の労働環境改善・社会的地位の向上を目指し、売上の一部を非営利活動法人へ寄付します。 ・販売商品 *ネックレス(税込392,000円~) ※画像は、1.18ctを使用 *ピアス(税込794,000円~) ※画像は、1.0ctを使用。...

10

diamonds-1280
ラボグロウンダイヤモンド

世界中のセレブが注目するダイヤモンド … – GC online store

今、世界中のハリウッドスターやセレブが注目する『ラボグロウンダイヤモンド』。 この『ラボグロウンダイヤモンド』を使った宝飾品が大人気となっています。 今回は、日本でも注目間違い無しのジュエリー『ラボグロウンダイヤモンド』をご紹介します。 『ラボグロウンダイヤモンド』とは? 『ラボグロウンダイヤモンド』は、その名の通り『ラボ(研究所、工場)』『グロウン(育てられた)』ダイヤモンドという意味です。 ラボグロウンダイヤモンドは、物理学的、科学的、そして光学的な組成が天然ダイヤモンドと同一に生成されています。 天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドは見た目には全く区別することができません。 また、この『ラボグロウンダイヤモンド』は、天然ダイヤモンドよりも安く購入できるのも大きな魅力のひとつで、 更に研究所で生成しているので、天然では珍しいカラーダイヤモンドを作ることも可能なのです。   天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドの違い 天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドの違いはほぼありません。 先述した通り、天然ダイヤモンドとラボグロウンダイヤモンドは、物理学的、科学的、光学的な組成が同一です。 両者の僅かな差異を検出できる特殊な装置を使った場合のみ区別が可能なほど、見た目に変わりはありません。 天然ダイヤモンドとの違い 天然 ダイヤモンド ラボグロウン ダイヤモンド キュービック ジルコニア モアッサナイト 化学式 C C ZrO2 SiC 熱伝導率 High High Low High 結晶構造 Cubic Cubic Cubic Hexagonal モース硬度 10 10 8.25 9.25 密度[g/㎤] 3.51 3.51 5.50-6.00 3.21 屈折率 2.42 2.42 2.16 2.65-2.59 光学分散 0.044 0.044...

43

ラボグロウンダイヤモンド

合成ダイヤを選ぶ値段だけじゃない魅力 注目集めるラボグロウンとは?

合成ダイヤを選ぶ値段だけじゃない魅力 注目集めるラボグロウンとは? トピック 2021.12.15 人の手によって成分を合成して作られた、合成ダイヤモンドを取り扱うブランドが少しずつ増えています。天然ダイヤと同質でありながら、より安価で手に入れることができる点や、環境に配慮されていることなどが特徴です。1年間頑張った自分へのご褒美に、合成ダイヤのアクセサリーはいかがでしょうか。 天然ダイヤと同じ成分 合成ダイヤは海外では「ラボグロウンダイヤモンド」などと呼ばれており、実験室や研究室で人工的に製造されます。成分や組成は天然ダイヤと同じです。「自然に生成された希少性」という点に魅力を感じてこだわる人は、これまで通り天然ダイヤを購入しています。 合成ダイヤが注目されているのは、人工的に製造されるため、安定供給が可能で天然ダイヤよりも価格が抑えられていることはもちろんですが、天然のダイヤのように採掘による環境破壊や過酷な労働などの問題がなく、エシカル(倫理的)な点です。天然ダイヤの流通に大きな影響力を持つ海外大手のデビアスが2018年に米国で合成ダイヤの販売を表明したことをきっかけに、日本でも販売が広がりつつあります。 百貨店の松屋は、今夏から独自ブランド「エネイ」を売り出しました。エネイでは、合成ダイヤを使った指輪やネックレスなど約60商品を、松屋銀座の店頭やインターネット通販で展開しています。価格はおよそ3万円~30万円。合成ダイヤは天然の3分の1から半額以下のため、ダイヤを半月のように切り落とした、高価な天然ダイヤでは採用しづらいデザインを楽しむこともできます。0.5カラット以上の石には鑑定書をつけて品質を保証しており、婚約指輪をオーダーするカップルの姿も。 店頭には、エシカル志向の強い20~30歳代だけでなく、50~60歳代など幅広い年齢層が足を運んでいます。島田成一郎・事業推進部スタートアップ事業課長は「天然ダイヤの魅力を知り尽くしたお客さんにも、天然と変わらない合成ダイヤの美しさが受け入れられています。手頃な価格だと、気兼ねなく普段使いできるようです」と話しています。合成ダイヤには新たな需要が生まれていることがうかがえます。 クリスマスプレゼントや自分へのご褒美に 同社によると、12月は、クリスマスプレゼントや1年間頑張った自分へのご褒美に、アクセサリーを購入する人が増える時期だそうです。合成ダイヤを扱うブランドから、おすすめの商品を紹介します。 エネイの「サーフェス」シリーズは、リングやイヤーカフの曲面に水平なカットを入れたデザインが特徴です。小さなダイヤが埋め込まれたリング「K10YG メレダイヤモンド リング」(税込み11万円)は、1本でつけるのはもちろん、他のリングとも重ね付けしやすく、手元のおしゃれの幅が広がります。 サーフェス K10YG メレダイヤモンド リング(エネイ提供) スタージュエリーは、ジュエリーブランド「SJX」から派生したコンセプトストア「SJX W」(エスジェイエックス ダブリュー)で、昨年から合成ダイヤを使った商品の販売を始めました。SJX Wでは天然と合成、両方のダイヤを扱っていますが、合成ダイヤの購入を目的とした来客も増えており、認知度が高まっています。 輝きを重視した高品質なエクセレントダイヤに限定して展開しており、「K18YG ネックレス」(税込み13万2000円~15万4000円)は、その輝きを生かしたシンプルなデザイン。上品な装いにもカジュアルな装いにも活躍してくれそうです。アジャスターがついているので、短めにして他のネックレスと合わせるのもおすすめです。横浜や銀座、表参道の店舗のほか、オンラインサイトでも購入できます。 K18YG ネックレス(画像は2本分、SJX W提供) オンライン販売を主軸としたプライマルの中心価格帯は、3万円~5万円です。キャッチレスで着脱が容易なピアス「フープミクスチャダイヤモンドイヤリングS」(税込み3万800円、シングル)は、今年8月の発売以来、同社で一番人気の商品となりました。配置された大小異なるダイヤが、耳元を彩ります。小ぶりなので、マスクを外すときに邪魔になりにくいのもうれしいポイントです。 フープミクスチャダイヤモンドイヤリングS(画像は2点着用、プライマル提供) 天然ダイヤに劣らぬ輝きの合成ダイヤは、外見に華やかさをプラスするだけでなく、気分も上向きにしてくれそうです。 この時期にお店やサイトをのぞいてみてはいかがでしょうか。 (読売新聞メディア局 バッティー・アイシャ)  

6

ラボグロウンダイヤモンド

最近よく聞く「ラボグロウンダイヤモンド」ってなに? 天然ダイヤモンドとの違いをレクチャ

最近よく聞く「ラボグロウンダイヤモンド」ってなに? 天然ダイヤモンドとの違いをレクチャ ー 2021年12月13日 12:00 JST (左から)BRHの恩地祥博代表、甲斐まりかさん、ノイハウス萌菜さん   Image by: FASHIONSNAP  SDGsが注目を集める今、ジュエリー業界でもサステナブルな商品開発が進められています。その一つとして「ラボグロウンダイヤモンド」という言葉を耳にする機会が増えましたが、具体的にどういったダイヤモンドか知らない人も少なくないのでは?  そこで今回はラボグロウンダイヤモンドをホリデーコレクションで初めて取り入れたというD2Cアクセサリーブランド「グレイ(gray)」を展開するBRHの恩地祥博代表と、旧知の仲でサステナビリティへの関心が高いノイハウス萌菜さん、甲斐まりかさんを迎え、座談会を実施。ラボグロウンダイヤモンドについて考えます。 ■恩地祥博 1994年⽣まれ。学生時代にTheRealReal JapanやFarfetch JapanにPRインターンとして参加。その後ニューヨークへ1年間留学し、ファッション⼯科⼤学(Fashion Institute of Technology)」でブランドマネジメントを学ぶ。同時期にニューヨークにベースを置くデジタルエージェンシー George Root Ltd.で稲⽊ジョージ⽒のアシスタントを担当し、ラグジュアリーブランドのPRコミュニケーションを経験。⼤学4年時にBRHの当時の代表からSkype1本で社⻑に任命され、代表取締役社⻑に就任した。 ■ノイハウス萌菜 1992年生まれ。イギリス育ちのドイツ人と日本人のハーフ。 日本に引っ越してきてから周囲の「使い捨て」の多さに敏感になり、一人一人ができるところから変えていくべきだと感じ、プラスチックストローの代替品となるステンレスストローブランド「のーぷら No Plastic Japan」を設立。それ以来、環境保護を自分ごととしてとらえ、それぞれが無理なく日常に取り入れられる環境保護活動やそれに繋がる行動を提案し発信している。ラジオ局J-WAVE 81.3「STEP ONE」ナビゲーター。 ■甲斐まりか 1995年生まれ。タイと日本のハーフ。 ドイツの中学・高校を卒業後、イギリス・エジンバラ大学へ進学。 2017年に大学を卒業後、日本でモデル活動をスタートする。 ビューティ・ファッション誌を中心にモデルとして活動し、近年では、女優やラジオのナビゲーターとしても活動の場を広げる。日本語、英語、ドイツ語のほか、フランス語やタイ語にも堪能なマルチリンガル。これまでに40ヶ国を訪れ、ファッションや旅の写真を載せた自身のインスタグラムも人気。 J-WAVE「BLUE IN GREEN」ナビゲーター。 ―ラボグロウンダイヤモンドは「人工ダイヤモンド」や「合成ダイヤモンド」とも呼ばれていますが、天然ダイヤモンドとはどのような違いがあるのでしょうか? 恩地祥博(以下、恩地):天然ダイヤモンドは長い年月をかけて地中深くで生成されるのに対し、ラボグロウンダイヤモンドは名称に「ラボグロウン」とあるように、研究所などで同じ地質環境を再現させることによってダイヤモンドを人工的に作っています。 ―甲斐さんとノイハウスさんはラボグロウンダイヤモンドをご存知でしたか?  甲斐まりか(以下、甲斐):最近ネットで記事になっているのを見たりする程度で、詳しくは正直知らなくて。でも母が宝石好きな人で、ラボグロウンダイヤモンドについて聞いたら、ラボグロウンダイヤモンドのジュエリーを持っていたんですよ。私は全部同じダイヤモンドだと思って見ていたから、今まで気付かなかったんですけど。 ノイハウス萌菜(以下、ノイハウス):私、実は婚約指輪がラボグロウンダイヤモンドなんですよ。 Image by FASHIONSNAP ―そうだったんですね! ノイハウスさんが希望されたんですか? ノイハウス:そうですね。彼には自分からは直接言わずに、妹に伝えてもらいましたけど(笑)。天然ダイヤモンド自体が種類によっては作られる過程で環境や人権的に問題があるというのをぼんやり知っていたので、いろいろ調べていく中でラボグロウンダイヤモンドの方が環境と人に負荷が少ないということで選択しました。 ―「ラボグロウンダイヤモンドはサステナブルだ」と最近よく聞きますね。具体的にどのようにサステナブルなのでしょうか? 恩地:天然ダイヤモンドはラボグロウンダイヤモンドに比べて形成される過程で大量の土壌や水が必要であったり、炭素排出量も大きく異なると言われています。あとは天然のダイヤモンドは時に「ブラッドダイヤモンド」と言われるように採掘が原因で紛争が起きたり内戦が悪化したりしています。ダイヤモンドを人間の趣味嗜好品として使うために、僕らの知らないところでそういった問題が現実として起こっているんですよね。 mage by FASHIONSNAP ノイハウス:ダイヤモンドって生産地や生産過程が不透明なものが多いよね。...

9

ラボグロウンダイヤモンド

Lab-Grown Diamonds Are Moving Fast

ラボグロウンダイヤモンドの動きが活発化 公開日: 2021年12月5日 Photo credit: Calia Diamond Jewelry David Rudlin President & Representative Director at DKJ International   ラボグロウンダイヤモンドが席巻している! 米国での販売数は昨年34%増加し、今やダイヤモンドの販売数の20個に1個を占めるに至っています。5年前にはほとんど存在しなかった分野なのに、かなりすごいことです。 ウェディングドレスで有名なヴェラ・ワンは、ラボグロウンダイヤモンドを使用したLOVEコレクションを展開していますし、Kay Jewelersでは、代表的なLeoコレクションにラボグロウンダイヤモンドのエンゲージリングを21点揃えています。 その理由も理解できなくはない。ラボグロウンダイヤモンドは、化学的、光学的、熱的、物理的に同じであるにもかかわらず、採掘された同種のダイヤモンドよりも最大60%も安い価格で販売されているのです。現在、エンゲージリングで最も人気のあるサイズは、1〜3カラットです。 (ちなみに、日本で婚約指輪として販売されている採掘ダイヤモンドの平均は1/5カラットである) 採掘されたダイヤモンドの業界は、ますます必死になっている。彼らの最新の戦略は、再販価値に注目することだ。店から出た時点でダイヤモンドの価値が半分になってしまうことを考えると、これは危険なことのように思える。(小売店のマージンは通常50%だが、他の消費者に直接販売すれば、その一部を回収できるかもしれない)。 さらに、ほとんどの人はダイヤモンドを売ることはありません。ダイヤモンドには感情的、象徴的な価値があり、売るよりも代々受け継がれる可能性の方がはるかに高いのです。投資用ダイヤモンドのアクションのほとんどは、大きなサイズ(10カラット以上)の非常に高品質のダイヤモンド(D / IF)にある。 ニッチな行動が最良の主張であるならば、ラボグロウンダイヤモンドが市場を席巻する日もそう遠くはないでしょう。 www.caliadiamondjewelry.com https://edition.cnn.com/2021/12/04/business/engagement-ring-lab-diamond/index.html

14

ラボグロウンダイヤモンド

EC最新事情〜日本でも急成長のラボグロウンダイヤモンド編

ダイヤモンドへの価値観に大きな変化をもたらす! 【アメリカ発、EC最新事情〜日本でも急成長のラボグロウンダイヤモンド編】 by Reiko Suga 事例 2021年12月2日 スタイリッシュなデザインのピアス。さりげなく一粒のラボグロウンダイヤモンドが輝く。まさに新しい時代のダイヤモンドの纏い方(画像提供:PRMAL) 近年アメリカではパンデミックの影響もあってか、ジェネレーションZ世代を中心に人間が生活していく上で基礎となる“衣食住”のシーンでも環境問題を意識する動きが高まりを見せています。“食”のシーンでは地球温暖化、森林伐採、動物倫理の観点から大豆やエンドウ豆などを使用したプラントベースミートや動物の細胞の一部をラボラトリーの中で培養する培養肉が注目を集めています。“住”に関しては現在新しく建設されているビルなどは米国グリーンビルディング協会が運用を行っている建物と敷地利用についての環境性能評価システのLEED認証を掲げるビルを目にする機会が増えてきました。今年6月にチェルシーにオープンしたGoogle StoreはLEED認証の中でも最高峰のLEEDプラチナ認証を取得している店舗。企業イメージとしても今後サステナブルを意識したマーケティングは企業のイメージアップ、売上アップに繋がることになってくるでしょう。 ファッション性の高いデザインでデジタルネイティブの心を掴んでいる (画像提供: PRMAL) ラボグロウンダイヤモンドとは “衣”のシーンではThredUp社のレポートによると、中古品のファッション市場は2019年の280億米ドルから2029年には800億米ドルになると予想されていますが、ジュエリー業界にも異変が起きています。ファッションのトレンドと同様に環境破壊や労働者の人権保護から天然に採掘されたダイヤモンドと同じ化学的、物理的、光学的特性を持つラボで製造されたダイヤモンド、「ラボグロウンダイヤモンド」の市場が急成長しています。 実はラボグロウンダイヤモンドの歴史は長く、1950年代には工業用として使用されていました。それが宝石として商業用に市場に進出してきたのは2010年半ば頃のことです。ラボグロウンダイヤモンド市場が急成長している背景としては天然ダイヤモンド採掘の際に生じる土地の荒廃や大量の水の使用などの環境破壊を軽減できることに加え、児童労働や危険度の高い職場環境での作業など、ラボで安全に作られるラボグロウンダイヤモンドは労働環境の保護や透明性も昨今消費者の心を掴む要因となっています。 重ね付けても主張しすぎない上品さ (画像提供: PRMAL) さらにアメリカでは婚約指輪にダイヤモンドのクオリティよりも大きさを重要視する傾向にあり、天然ダイヤモンドに比べ、価格も30〜45%に押さえられているラボグロウンダイヤモンドは婚約指輪としての需要も高まってきています。アメリカのウェディング誌BRIDESによると、婚約指輪の平均は1カラットで年齢を重ねるに連れてサイズは大きくなる傾向にあります。ちなみにゼクシィによると、日本の平均カラットは0.2〜0.4ボリュームゾーンとなり、アメリカ人は大きさを求める傾向にあることが伺えます。しかしながらラボグロウンダイヤモンドは品質も保証されています。現在、サンフランシスコ発のADA DIAMONDSやロサンゼルス発のVRAIはカリフォルニアの米国宝石学会GIA認証の取れたラボグロウンダイヤモンドを使用しているため、クオリティも保証されています。 繊細なダイヤがふんだんに使用されたイヤーカフ (画像提供: PRMAL) また、カリフォルニアに本社を構えるDIAMOND FOUNDRYは俳優のレオナルド・ディカプリオ氏が出資をしたことでも有名なラボグロウンダイヤモンドの製造会社で、世界で唯一、ゼロカーボンフットプリントの認証を受けています。同社は製造過程よりナチュラルエネルギーを使用することにフォーカスしており、再生可能なエネルギーや、ワシントン州コロンビア川のエネルギーを使用しています。ラボグロウンダイヤモンドはテクノロジーが生み出した産物でもあり、多くのラボグロウンダイヤモンドブランドがサンフランシスコを拠点とするなど、テックインダストリーと切っても切り離せない関係ということも伺えます。 PAUL ZIMNISKYの分析によると、ラボグロウンダイヤモンドの市場は、現在推定19億ドルとされていますが、年率約23%で成長しており、2023年には52億ドル、2035年には149億ドルに達すると予測され、未来のダイヤモンド市場を担う役割になると期待されています。 パールを組み合わせたイヤーカフはダイヤモンドをふんだんに使ってK10 | ¥71,500 K18 | ¥93,500という価格。 (画像提供: PRMAL) サステナブルなダイヤモンドは日本でも急成長中 日本でもラボグロウンダイヤモンド市場がここ数年で急成長をしています。京都の老舗ジュエラーの今与がラボグロウンダイヤモンドブランドのSHINCAをスタートし、2021年には百貨店の松屋が独自でラボグロウンダイヤモンドのENEYを立ち上げるなど、多くのブランドが誕生しています。 天然ダイヤモンドは高額なことから婚約指輪など、“一生に一度”という意識もまだまだあるようですが、これらのラボグロウンダイヤモンドのデザインはファッション性もあり、日頃から身につけて楽しめるため、“ダイヤモンドを日常使い”、“アフォーダブルラグジュアリー”というメッセージを感じます。 ユニセックスで楽しめるリングもスタイリッシュ (画像提供: PRMAL) 日本でラボグロウンダイヤモンド市場を牽引するPRMALにインタビュー 前述したサンフランシスコのDIAMOND FONDRY社とのコラボレーションや香港のブランドとの協業、社会貢献活動など、日本のブランドとしてグローバルを見据えているラボグロウンダイヤモンドブランドのPRMAL(プライマル)。2020年1月にブランドをスタートしたPRMALの福島 剛 /クリエイティブ・ディレクター、プライマル共同創業者にインタビュー。 PRMALブランドを始めたきっかけは何ですか? PRMALというブランドを立ち上げたきっかけとして、ジュエリー業界を変えていきたいという使命感がありました。私たちのミッションは「エシカルで上質なジュエリーを身近にする」ことなんです。私自身、家業として代々、宝飾品業界に携わってきました。そんな中、不透明なサプライチェーンやダイヤモンド採掘の問題といった業界全体の持続性に関する問題を目の前で見てきました。そして、この現状を変えていきたいという想いがずっとありました。 2018年から2019年にかけて、宝飾品用途の合成ダイヤモンド流通スタートを目の当たりにし、これは業界にとって大きな転換点になることを確信しました。宝飾品としてのラボダイヤモンドの価値を理解し、伝統を大切にしながらも、現代の私達のあるべき姿、価値観を融合できるジュエリーブランドを立ち上げられる人間は自分以外にいないと感じ、その想いを具現化するものとして、旧知の友人とPRMALを立ち上げました。 PRMALの名前の由来は、Premium Minimal。ミニマルで上質なものを届けたいという想いがブランド名にこめられています。 PRMALブランドの強みは何でしょうか? 店舗を持たずオンライン販売を中心することで、中間マージンを大幅にカットしています。ファインジュエリーをもっと身近に、手に取りやすい価格でお客様にお届け出来ることが強みです。 またPRMAL創業メンバーの二人が、宝飾品業界とITエンジニアという異分野のドメインエキスパートです。伝統的なジュエリーブランドのように、「ジュエリーブランド運営メンバーが、各種テクノロジーをアウトソースする」するような形ではなく、PRMALはジュエリーとテクノロジーが融合した、完全なるデジタル・ネイティブブランドとして立ち上げました。ジュエリーデザイン、クリエイティブ、動画制作、ウェブサイト運営、広告、カスタマーサポートなどのブランド運営を、一気通貫で自社で完結して行っていることも強みです。 持続可能なブランドとして、世の中をどう変えていきたいですか?...

11

ラボグロウンダイヤモンド

ラボグロウンダイヤモンドの歴史

History Of Lab Grown Diamonds LGDTRADE DECEMBER 28, 2021 ラボグロウンダイヤモンドの市場が拡大しています。この記事では、ラボグロウンダイヤモンドの歴史、製造方法、採掘されたダイヤモンドとの違いについて説明します。 ラボグロウンまたは人工ダイヤモンドは、ゼネラルエレクトリック社によって1950年に導入され、それ以来、工業用および宝飾用のアプリケーションで使用されています。人工ダイヤモンドは、ガードル(ダイヤモンドの最も幅の広い部分)にあるマークで識別することができます。GIAのCARAT STONEプログラムでは、カラー、結晶構造、蛍光性、比重テストの4つの基準で人工ダイヤモンドを識別しています。 人工ダイヤモンドがどのように作られるかを説明する前に、人工ダイヤモンドと模造ダイヤモンドの違いを確認することが重要です。合成ダイヤモンドは、ダイヤモンド取引の構成要素である炭素の結晶で、メーカーが実験室で制御された条件下で製造したものです。合成ダイヤモンドは、採掘された石と同じ化学組成を持ち、天然ダイヤモンドと同じ透明度、色、外観を持つものが見つかります。シミュラントダイヤモンドは、天然ダイヤモンドのように見えるが、固有の物理的特性を持たない非ダイヤモンド材料で構成された石である。例えば、キュービックジルコニア(CZ)やモアッサナイトがこれにあたります。 1930年代、ロシアでは、科学者と実業家の両方が工業用以外の有益な用途があることを認識し、人工ダイヤモンドを作成する方法を実験していました。1952年、ソ連の科学者ボロトフスキーが炭素原子のプラズマ放電を利用したダイヤモンドの製造方法を発見した。この方法は、現在でもメーカーが採用している主要な方法の1つです。 この方法では、まず人工ダイヤモンドの「種」を真空容器に入れ、時速約2000マイルで回転しながら極端な温度(華氏1800~3500度)に加熱し、種に炭素原子を形成させる(成膜が可能になる)。成長段階では、安定した成長を促すために、通常、金属触媒がダイヤモンドの種に塗布されます。その後、さらに水素ガスで加熱することで生まれる高圧高温(HPHT)状態に移行し、さらに安定した状態になります。このプロセスで作られた石が、現在市販されている最も一般的な石です。 また、ダイヤモンドの種に炭素プラズマ(ボロトフスキーと同じ)を発生させ、炭素原子を堆積させて石にするCVD(化学気相成長法)という方法もある。ペンシルバニア州デリータウンシップのApollo Moon Enterprises社とワシントン州のApollo Diamond Inc.は、この方法で石を作成した。この方法で作られた石は、見た目も感触も採掘されたダイヤモンドに似ており、ラボグロウンダイヤモンドの中で最も完璧で純度の高いものになる可能性が高い。しかし、「引き上げ」と呼ばれる製造工程で結晶の成長速度に限界があるため、天然ダイヤモンドの約60%の大きさにしかならない。しかし、エレメントシックスのような技術の進歩があれば、この状況は変わるかもしれません。 現在、ラボグロウンダイヤモンドは、ダイヤモンド取引において、他の方法で成形または処理され、その価値や望ましさが減少している可能性のある石のコストを下げるために使用されています。例えば、細長い石は、ラウンドカットやブリリアントカットよりも作成するコスト効率が高いでしょう。また、黄色などの特定の種類の着色を制御する能力をメーカーに提供します(これは照射によって達成することができます)。しかし、それ以来、ラボグロウンダイヤモンドは天然ダイヤモンドと同じ価格では買えないことが明らかになった。しかし、それ以降、これらの石が天然ダイヤモンドと同じ価格で取引されていないことが明らかになった。消費者がラボグロウンダイヤモンドに同じ価格を支払うことを望んでいない一方で、メーカーや宝石商は依然としてこの石に依存しており、需要によって利益を得ているのだ。ダイヤモンド市場は、需要と供給が価値を決めるというのが一般的な仕組みだ。需要に対して宝石の低い可用性のために(例えば、休暇のシーズン)、天然ダイヤモンドに置かれた増加価値がある、同様に、供給が需要のそれを上回ると(例えば、休暇ラッシュの後)、製品の切り下げのために価格が低下します。 現在、ラボグロウンダイヤモンドの生産に携わる企業は100社以上あり、HPHT Diamonds Inc.、Apollo Moon Enterprises、Apollo Diamond、Gemesis Corporation、C3 Jianali Ltd、Pure Grown Diamonds Ltd、LeLacheur FACTORY、Vitro Diamonds、Algordanzaといった公開・非公開企業が含まれます。最大手メーカーは、ペンシルバニアのApollo Moon Enterprises、英国のElement Six、オーストラリアのC3 Jianali Ltd.、スイスのLeLacheur FACTORY、香港のPure Grown Diamonds Ltd.、中国のHarries & Bates Pty Ltd.であり、これらの企業は、ラボ・グロウンダイヤモンドの有効性を証明しています。 これらの企業は、ラボグロウンダイヤモンドが化学組成の点で採掘されたダイヤモンドと同等の価値があることを証明しましたが、製品の入手可能性(または不足)、サプライチェーン内での配置、コストではなく価値を求める消費者の要求、割引やインセンティブの提供、プロセスの自動化によるコストダウンなど、いくつかの要因から、すぐに天然ダイヤモンドより高価になるとは思えません。 しかし、紛争ダイヤモンドの場合はどうでしょうか?ラボグロウンダイヤモンドは、紛争ダイヤモンドに関連する残虐行為を阻止するのに役立つのでしょうか?このような宝石の需要がアフリカでの戦争を永続させるので、ノーと言う人もいるが、実験室由来の宝石の市場を作ることで、採掘された宝石の価格が下がり、国際的な需要が減少すると考える人もいる。ブラッドダイヤモンドを撲滅することはできないが、このプロセスによって、メーカーはより倫理的に健全な原石を作ることができ、消費者が宝石を購入する際に別の選択肢を提供することができるようになったのだ。採掘されたダイヤモンドと研究所で作られたダイヤモンドの間には、環境問題への懸念もあります。しかし、これまでの研究では、採掘されたダイヤモンドがダイヤモンドダストになるまでには約1〜4週間かかるのに対し、実験室で作られたダイヤモンドの結晶は約半年かかるとされています(ただし、「ダイヤモンドダスト」の生成過程そのものが環境に悪影響を与えることはなく、この行為は、標本が表面侵食などによって分解される期間を指すことに注意が必要です)。このように考えると、ラボグロウンダイヤモンドは天然石よりも高い価値を提供できるかもしれません。おそらく、供給が増えれば(あるいは製造技術が効率化されれば)、より高い価格がつくようになるのだろう。これらの石が標準になるまでには、時間がかかるでしょう。それまでは、他の販促品や休日の節約と同じように、人工的に作られた宝石の割引を期待してください。

8